【コンビB型ベビーカー】アクビィプラスAN発売!アクビィJMとの違いを徹底比較~ベビー用品販売員が詳しく解説~

ベビーカー

こんにちは!男女の年子を育てる、ベビー用品販売員歴11年目のちゃこまる。 (@chacomaru_baby) です!

2022年7月22日、コンビさんから新しいB型ベビーカー『AcbeePlus(アクビィプラス)AN』が発売されました!

去年発売されたAcbeeJMは、B型ベビーカーの中でもダントツの車輪の大きさ!そして1枚になっているシートが簡単に取り外せて丸ごと洗える画期的なベビーカーでした。

それがさらにパワーアップして新登場!

赤ちゃんの腰の据わる7ヶ月頃から使うことができるB型ベビーカーは、軽くて持ち運びもラクラク、2台目のベビーカーとして大活躍です。

AcbeePlusANのおすすめポイント

  • 軽量コンパクトな3.7kg
  • 前輪は大きな直径16cmのタブルタイヤでスイスイ走行
  • 伸びて支えるマルチネットバスケットで荷物がたっぷり収納可能
  • ベースシートと側面が一体化した1枚シートは取り付け&取り外しが簡単
  • シート側面はメッシュに進化し、洗濯機で丸洗いしてサッと乾いていつでも清潔

最近では、大きくて価格も高めなA型ベビーカーはレンタルで済ませて、B型ベビーカーを購入する方も増えています。

また、お子さまが歩き出して活発になる1歳を過ぎたころから、とにかく軽くて操作しやすい2台目のベビーカーを検討する方も多いんです。

成長するにつれ、行動範囲が広がるのは楽しみも増えるので素敵なことなんですが、歩き出したら歩き出したで困ることもたくさん出てきます。

ママさん
ママさん

ちょっと乗ってはすぐ歩きたがって、歩いたはいいけど疲れてすぐグズグズ。その度にベビーカーを畳んだり広げたり、動かしたまま追いかけたり…もう大変!

年子を育てた自分もこの負のループにてんてこ舞いでした…。しかもA型ベビーカーで同じことをしてました。

好奇心旺盛になってくるお子さまと、ラクに楽しくお出かけできるB型ベビーカーのアクビィプラスの魅力をご紹介します。

去年発売のアクビィJMとはどこがどう変わったのかもしっかり比較しながら見ていきましょう!

この記事はこんな人におすすめ

  • B型ベビーカーの購入を考えている方
  • AcbeeJMとAcbeePlusANの違いを知りたい方
  • 他のメーカーのB型ベビーカーと比較したい方

先にAcbeePlusANとJMの違いを知りたい方→ここをクリック!

B型ベビーカーはいつから使える?A型ベビーカーとの違い

日本製のベビーカーは≫(財)製品安全協会の安全基準によって認定基準が決められています。適合した商品にはSGマーク(Safety Goods)が付いています。

B型ベビーカー

  • 使用月齢⇒生後7ヶ月~最長48ヶ月
  • 使用時間⇒連続1時間
  • 背もたれ角度⇒最も立てた状態で100°以上
  • リクライニング機能はなくても良い

AcbeePlusANは生後7ヶ月頃から36ヶ月頃(体重15kg以下)まで使用することができるB型ベビーカーです。

A型ベビーカーと比較すると簡易的な作りになっているので、赤ちゃんの腰が安定する7ヶ月頃から使える仕様になっています。

A型ベビーカー

  • 使用月齢⇒生後1ヶ月(または4ヶ月)~最長48ヶ月
  • 使用時間⇒連続2時間
  • 背もたれ角度⇒最も立てた状態で110°以上、最も倒した状態で150°以上
  • 4ヶ月から使用できるベビーカーは130°以上

A型ベビーカーも3.4歳まで使える仕様になっていますが、赤ちゃんの月齢が増すごとに当たり前ですが体重が増えます。

そうするとベビーカーの重さと赤ちゃんの重さが合わさるので、確実に動かしにくくなります。

さらに外出時の荷物もあるので、大きなA型ベビーカーでのおでかけが徐々に快適ではなくなってくる時期が訪れてしまうんですね。

さらに詳しいA型とB型の違いについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

B型は7ヶ月から、A型は1ヶ月からになります。購入時に間違えないようにしましょう!

AcbeePlus(アクビィプラス)ANとAcbeeJMの違い


AcbeePlusAN

AcbeeJM
サイズ開:W467×D717×H1010mm
閉:W467×D337×H955mm
開:W467×D717×H1010mm
閉:W467×D337×H955mm
重量3.7kg3.6kg
リクライニング角度110°~135°110°~135°
シートの高さ50cm50cm
カゴ容量28L
(耐荷重5kg)
20.8L
(耐荷重5kg)
カラーエクリュグレー
ボスコカーキ
アーバンブラック
ライングレー
エレガンテネイビー
スターリーブル―
詳細を見る詳細を見る

本体の大きさなどに変更はありません。大きく変わったのはカゴの容量です。詳しく見ていきましょう!

マルチネットバスケット

最新のA型ベビーカースゴカルαコンパクトから採用されたマルチネットバスケットを、AcbeePlusANにも採用。

JMと比べると耐荷重は5kgと変わりませんが、20.8Lから28Lへと大幅に荷物の入る空間が大きくなっています。

ママさん
ママさん

ネットで支えてくれてるから落ちにくくなってるのがいいよねぇ~!

たくさん荷物を入れられるのは嬉しい反面、大きめの荷物や丸めた抱っこ紐などは、出発した時にポロっと落ちてしまうことがあったパパさんママさんも多いはず。

マルチネットバスケットのおかげで、落ちる心配もなくなったのでスムーズに移動することができるようになりました。

写真のように、おむつなどもしっかり入って落ちずに支えてくれるので、ママ1人での買い物も怖くありません!

別売りのハンドルフックにオムツをかけたりして押しにくそうなママさんパパさんもたくさん見てきました。

ハンドルレバーの所にちょっとした荷物を掛けられるフックを付けている方はたくさんいらっしゃいます。そこにどんどん荷物を掛けていくママさんをよく見かけます。

手軽にかけられて便利なんですが、あまりたくさんかけてしまうとベビーカーがひっくり返ってしまったり押しにくくなってしまうので少しの荷物におさえたい所。

下のかごにしっかり入れられれば、ベビーカーの重心もグラつくことなくお子さまも安心して乗っていられます!

全面エアスルーシート

アクビィの特徴は側面も一体化した1枚シート。AcbeePlusANでは、側面もメッシュになりました!

シートを取り外して洗えるベビーカーはたくさんありますが、側面部分が一体化されて洗える物はAcbeeだけです。

横の隙間や角などにゴミや埃が溜まったりするけれど、他のメーカーのベビーカーは側面は外すことができないので、完全にキレイにできないのが残念…。

しかしAcbeePlusANならそんなもどかしさは一切ありません!スナップボタンを外してスルっと抜いて、洗濯機で丸洗いできちゃいます!

ママさん
ママさん

しかも側面もメッシュならすぐ乾きそうだよね!

洗えるとわかっていても、外すのが面倒だったり、乾かすのに時間がかかってベビーカーを使いたいのに使えなかったり…と結構シートを外すハードルって高いんですよね。

すぐ乾く風通しのいいシートなので汚れたらすぐ外してすぐ洗いましょう!

ビッグサンシェード

幌の高さが5cm高くなり、丸型の幌になったんです。そうすることによって頭部の空間が広がるので圧迫感なくお子さまは座っていられます。

そしてハンドルレバーのすぐ下あたりが中のお子さまの様子が分かる安心メッシュウィンドウになっています。

B型ベビーカーは向き合った対面で押すことができません。なので中のお子さまの様子は気になると思うので、確認できるので安心です。

さらにUVカット率99%の生地を使用しているので紫外線からもしっかり守ります!

AcbeePlus(アクビィプラス)ANのおすすめポイント

B型ベビーカーの最大の特徴、軽くてスムーズ走行。おでかけが気軽に楽しくできる工夫はバッチリです!

タイヤの大きさと走行のしやすさ

B型ベビーカーはA型ベビーカーより軽量化するため、タイヤが小さくなりがちですが、AcbeePlusANは前輪が16cm!

タイヤが大きくて有名なピジョンのビングルBB2は前輪が16.5cmのシングルタイヤですが、そこに対抗してダブルタイヤで仕上げてきたコンビさん。

タイヤが大きくて複数ある方が振動吸収率が上がるので、乗せているお子さまへの振動による不快感のカット率も上がっているのは間違いなしです!

そしてタイヤが大きくて太いので、道路の小さな溝にハマりにくいのでストレスなく動かすことがきます。

荷物を入れたまま畳めるカゴ

ちょっと畳んでまたすぐ広げたいときに、下のかごに入れた荷物の出し入れってすごく面倒じゃないですか?

お子さまを抱っこ→荷物を出して持つ→畳んだベビーカーを持つ……なんて想像しただけで大変ですよね。

しかし、AcbeePlusANだったら荷物を出さずに畳むことができちゃうんです!

ママさん
ママさん

中身出ちゃったりしないの?大丈夫?

入れる物の形状にもよりますが、ちょっとした荷物なら大丈夫です!

一緒に持ち歩くことの多い抱っこ紐や、お子さまの着替えだったり、お出かけ先で買ったちょっとした日用品などは入れたままでも畳めます。

形が崩れたら困るようなデリケートなものを入れているときは難しいですが、そうでなければ畳むときのひと手間が減るので嬉しい機能です♪

片手で畳めて持ち運び簡単

お子さまが生まれると『本当に手の数が足りない!!!』と思うことってたくさんありませんか?両手が埋まると何もできません。

ましてやお出かけする回数が増えると、片手でお子さまを抱っこしつつ、もう一方の手で荷物を持ったりバッグから必要な物を出したりとママは大忙し。

両手でいちいちベビーカーを畳むのなんてホント無理!片手で何とかしたい!

大丈夫です!サクっと片手で畳んでママの腕にベビーカーを引っ掛けて移動できちゃいます!

ママさん
ママさん

旅行とか行くようになると、観光地って案外階段とか段差とか多かったりするんだよね。

お子さまと遊びに行くことが増えると、ふと思うことはありませんか?街中って、想像以上にベビーカーに優しい道づくりに全然なっていないんですよね。

独身の時は全く気にならなかった道でも、お子さまとベビーカーで通ると『ここってこんなに通りにくかったっけ?』と感じる場所が増えてきたと思いませんか?

それでも通らないといけない時は、お子さまを抱っこしてベビーカーを畳んで障害となる場所を回避してからまたベビーカーを出す…。

本当に子供と出かけるって一筋縄ではいかないんですよね…。

ましてやいつでもお子さまがご機嫌なわけではありません。グズグズの時なんて暴れるし、のけぞるし、もう大変。すぐにでもその場所から立ち去りたくなるんですよね。

これがA型ベビーカーだと大きくて重くてスムーズに行かないけれど、軽量コンパクトなB型ベビーカーのAcbeePlusANだったら無理なくこなせちゃいます!

実際お店で試すときに気を付けて欲しいこと

実際に乗せてみる

これ、案外みなさんやらないんです。店員に話しかけるのが苦手だったり、乗せ降ろしを試すことで赤ちゃんが不機嫌になるのが嫌だったり理由はあるようですが、必ず試しましょう!

そして気を付けて欲しいのは、何も乗せていない状態だけで満足しないこと!何も乗せずに動かしたら軽くて押しやすいのは当たり前なんです。

しかし使用するときは7ヶ月で約8kgほどの赤ちゃんが乗った状態で走行します。

それに加え、下のかごにママさんのバッグなどを乗せる場合はもっと重くなります。その重い状態で試して欲しいんです。何も乗せずに軽さだけで決めた方で、

パパさん
パパさん

実際使ってみたら思ったより押しやすくないし軽くないんだけど…。

とおっしゃる方もいます。でもそういう方が、他社の小さ目のダブルタイヤのB型ベビーカーを購入した場合、確実にもっと押しにくく感じます。

お子さまと一緒にお店に行けない場合は、自分の荷物や、店員さんに何か適当な重り(赤ちゃん用の水のペットボトルとか)を借りて動かしてみて下さい。

重りの入ったダミー人形を置いている店舗もあるので聞いてみて下さいね!

広い範囲を走行する

10年以上お店に立っていてずっと気になっているのは、みなさん足を止めたままの状態で、手だけでベビーカーを前後に動かす方が多くいらっしゃいます。

ベビーカーを使う時は絶対に前に進んだり角を曲がったりするので、前後に動かすだけじゃ実感は掴めません。

しかし、グイグイ動かしていると店員が近寄ってくるから嫌!という方も少なくはありません。しかしせっかく足を運んだのに動かしてみないのはもったいないです。

それでも店員に声をかけられるのが苦手な方、たくさんいますよね。実際店員をしている私もお客さま側になった時は正直苦手です。

自分で試してわからない所だけ聞きたい場合もあります。しかし、店員の中にも『売らなきゃ!』と必死な人や『ただ役に立ちたい!』という善意であふれている人など、色々います。

決まっていなくても大丈夫!

『また声をかけるので、その時にお願いしまーす』と言ってもらえたら大体店員さんは遠くから見守ります!

買うと決めなくても『検討しまーす!』と言って立ち去ってOK!(何も言わずに立ち去られるのはちょっと寂しい…)

一声かけて、遠くから見守ってもらっている間に、お子さまを乗せて広範囲を走らせてみて下さい。

他には、お子さまを抱っこしながらベビーカーを畳んでみたり、抱っこしながら畳んだベビーカーを持ち上げてみたり歩いてみたり…と実際を想定してみるといいですよ♪

店員に話を聞く

『声を掛けられるのが苦手な方もいますよね』と言った直後にすみません。

畳み方や広げ方、車輪のロックの解除の仕方、段差を乗り越えるコツなど細かな知識を持っている店員さんは必ず居ます。(注:実際問題、全店員ではないのですが…)

あと知識はあるのに、お客さまに声を掛けるのが苦手な店員もいたりします(笑)。

さらに、A型ベビーカーからB型ベビーカーに変えようとしている時にありがちなのが、『A型の時になぜか難しい畳み方をマスターしている』ことなんです。

以前、私がB型ベビーカーをサクッと畳んだり広げたりを繰り返しているときに、

ママさん
ママさん

えっ、今なにやったんですか?もう1回やって下さい!

あれ?普通に畳んだだけですが、気になる所ありました?

というような会話をしたことがあるんです。私も10年以上も携わっていると、折り畳むのは当たり前になってしまっていて、お客さまに言われるまで気が付きませんでした。

メーカーさんや会社の講習で基本的な動かし方を学んでいるのにお客さまにお伝えできていないんだなぁと反省です…。

遠慮なく声を掛けてもらって、どんどん触って試して一番合うものを一緒に見つけましょう!

AcbeePlus(アクビィプラス)ANでスイスイ軽々おでかけしよう!

赤ちゃんが成長すると行動範囲も広くなりますよね。

お出かけできる場所が増えていくと、今まで便利だと思っていたA型ベビーカーが余計に大きく感じたり、操作しにくくなったりと違和感を感じることも…。

さらに赤ちゃんが大きくなって、『A型ベビーカーの重み+赤ちゃんの重み+お出かけの荷物』が合わさると、操作する大人は本当に大変!

本当にお子さまとのお出かけは荷物がいっぱいで大変すよね。

抱っこ紐やお気に入りのおもちゃ、ブランケットや着替えにオムツ、そしてお出かけ先で買った荷物…。

そんなたくさんの荷物があっても、AcbeePlusANなら収納力抜群のかごがあるから安心できるし、ベビーカー本体の重さも3.7kgで重くないのでスイスイ走行できちゃいます。

B型ベビーカーを生活に取り入れることによって大人の負担が軽くなると、気持ちも前向きになりお出かけが楽しくなり苦痛ではなくなります。

そうすると赤ちゃんは初めての場所をたくさん体験し、五感の発達にも繋がっていきます。

B型ベビーカーを検討して欲しい方

  • A型ベビーカーをレンタルしている方
  • 抱っこ紐でずっと乗り切ってきた方
  • 今お使いのA型ベビーカーが重くて操作が大変だと感じる方

我が子の成長は嬉しいですが、ずっと抱っこは本当につらくなってしまうので正直無理ですよね。

歩くようになっても、すぐ疲れてぐずり出したり突然睡魔に襲われたり、相変わらず赤ちゃんのお世話は忙しいです。

なのでほんの少しでも、ママさんパパさんの育児がスムーズに行くようになれば嬉しいです!

他のB型ベビーカーと比較検討したい方はピジョンのビングルBB2アップリカのマジカルエアーAGの記事も参考にして頂けると嬉しいです。

去年発売されたAcbeeJMの記事も書いていますので、是非去年との比較もしてみて下さい!

AcbeePlusANが発売になったのでAcbeeJMがお買い得価格になっていますよ!

  • カゴの容量が20Lほど(マルチネットバスケットではない)
  • シートの側面がメッシュではない
  • 幌の大きさが少し小さい

以上の3点が気にならないようでしたら、是非1つ前の機種はとってもお買い得なのでおすすめです!

タイヤの大きさも16cmと同じですし、動かしやすさは間違いないです。

\26%OFFでAcbeeJMが手に入る/

もっと詳しいことが聞きたい!という方はちゃこまる。まで何でも聞いて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました