【2023年最新】エルゴベビーの種類と違いを現役販売員が詳しく解説!抱っこ紐迷子のママ必見!

抱っこ紐
  • エルゴベビーにはどんな種類があるの?
  • 色々あってどれがいいのかわからない
  • 自分に合うエルゴベビーはどれなんだろう?

今や育児になくてはならない必需品の抱っこ紐!色んな抱っこ紐がある中、エルゴベビーを使われている方が多いとは思いませんか?

プレママさんも色々と情報を集めていると、『抱っこ紐はやっぱりエルゴベビー』というような口コミを見る機会が増えてくると思います。

プレママ
プレママ

でもいまいちどれがいいのかわからないんだよね…。

しっかりした作りで肩や腰への負担が軽減されるのがオムニブリーズ&アダプトソフトフレックス

コンパクトにたためて持ち運びに便利なのがエンブレース&アウェイ

リサイクルポリエステルで作られた数量限定の抱っこ紐がエアルーム

現在この5種類が主に販売されています。

まだ赤ちゃんが生まれていない状態で抱っこ紐を選ぶのはとても難しいですよね。だってお腹が大きいから抱っこ紐の練習ができなくて実感がわきません。

でも買ってから実際使うときに失敗したくない!とおっしゃるママさんとたくさんお話をしてきました。

ちゃこまる。
ちゃこまる。

安心してください!ベビー用品販売員12年目、抱っこ紐検定も取得した私が詳しく解説します。

さらにお店で店員さんに使い方を聞いても抱っこ紐に詳しくない人に当たってしまったり、自分の中でしっくりくる答えをもらえないこともあります。

せっかく見に行ったのになんだか収穫がなかった…という方にもわかりやすくお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

この記事でわかること

  • エルゴベビーが人気の理由
  • 自分に合ったエルゴベビーの選び方
  • エルゴベビーの種類とそれぞれの特徴
  • エルゴベビーの保証サービスや修理について
  • エルゴの抱っこ紐が試せるサービスについて

今人気のエルゴベビーはハワイ生まれ

エルゴベビーのベビーキャリアは『もっと、ずっと抱っこしたい』という一人の母親の思いから、2003年にハワイ・マウイ島で誕生。

抱っこをする人と赤ちゃんのための、『動きやすさ』『快適性』を追求したデザインは、多くのパパさんやママさんに選ばれ50カ国以上で愛用されています。

『もっとずっと抱っこしたい』なんて、私は年子の育児が大変でそんな気持ちになれませんでした。そんな素敵な思いで子育てをやり直してみたいです。

ずっと抱っこしていたいという考えを、ベビーウエアリング:赤ちゃんと一体になるというコンセプトの元に商品化されました。

エルゴベビーはどの種類も素手で抱っこした時と同じ姿勢と密着感で抱っこしやすいのがこだわりポイント!

赤ちゃんはママに直接抱っこされた方が安心ですが、実際問題として長時間の抱っこは大人の体に負担がかかります。

つらい気持ちで抱っこをしなくて済むよう、育児の最大のサポートとして抱っこ紐は今や欠かせないアイテムですね。

▽目次へ戻る

エルゴベビーで赤ちゃんが快適な理由

エルゴベビーを使用した抱っこは、赤ちゃんを『自然な姿勢』のまま抱く設計になっています。

赤ちゃんの背中は自然とカーブしていて、脚はM字開脚です。素手で抱っこした時と同じようにお尻から膝裏まですっぽりと支えられているので上半身が安定します。

この姿勢だと呼吸がしやすく、ママの鼓動も感じられ、手も足も動かせるので赤ちゃんは安心なんです。

最初にお伝えした、『素手で抱っこした時と同じ姿勢と密着感』が再現できるようになっています。

▽目次へ戻る

エルゴベビーで大人も快適な抱っこができる理由

  1. クッション入りの肩ストラップ
  2. 幅広の腰サポートの付いたウエストベルト

この2つの仕組みで、赤ちゃんの体重をバランスよく分散させています。

そして、赤ちゃんも自然と中央になるような設計がされているため、親子共にバランスの良い姿勢を保てることが、長時間使用しても疲れにくい理由の1つです。

今まで色んなメーカーの抱っこ紐を見てきましたが、エルゴベビーはダントツで肩ストラップが太くてもっちりしていますし、腰ベルトの幅も広いです。

そして売り場の見本品もいろいろなお客さまが試されますが、何年経過しても肩ストラップや腰ベルトに大きな劣化は見られません。

エルゴベビーの種類によっては最大4歳頃まで使用できるため、1つを長く安心して使用できるのはとても嬉しいポイントです。さらに、

ママさん
ママさん

何種類か抱っこ紐を使ったことがあるんだけど、やっぱりエルゴが一番疲れないんだよね!

とおっしゃる方は数多くいます。

最初に何を選んだらいいかわかないからお手頃価格な抱っこ紐を購入したけれど、あとから『やっぱり体が辛いから買い替えたい』という方は本当に多いです。

赤ちゃんが日に日に重くなっていくので、段々と抱っこが大変・つらいと感じる人も増えていきます。

エルゴベビーの抱っこ紐は大人への体の負担軽減もしっかり考えられた作りなので、ママの必須アイテムになること間違いなしです。

私は子供が小さい頃は安い物を何本も買ってしまっていた1人でした。

結局何を使っても子供は大きくなる一方なので肩と腰が辛かったですね。そして何本も持っていたから、ショッピングモールで失くしたこともありました。

なんだか当時は何も知らかったばかりに、無駄なことばかりしていたなぁと思います。

▽目次へ戻る

エルゴベビーの選び方

そこで誰も教えてくれない抱っこ紐の選び方を、10年以上の販売経験をもとにお伝えさせていただきます。

  • 使用する月齢から選ぶ
  • 抱っこの種類(仕方)で選ぶ
  • 予算から選ぶ
  • メインで使うかセカンド抱っこ紐かで選ぶ

使用する月齢から選ぶ

オムニブリーズ
オムニスリーシックスティ
アダプトソフトフレックス
0ヶ月~48ヶ月(4歳)
(3.2kg~20.4kg)
エンブレース0ヶ月~12ヶ月(1歳)
(3.2kg~11.3kg)
エアルーム0ヶ月~36ヶ月(3歳)
(3.2kg~15.9kg)
アウェイ首のすわった
4ヶ月~36ヶ月(3歳)
(5.5kg~15.9kg)
種類別 月齢の違い

1つの抱っこ紐をできるだけ長く使いたい・買い替えはしたくないという場合は、オムニブリーズ、オムニスリーシックスティ、アダプトソフトフレックス、エアルームの中から選びましょう。

新生児期をより大事に丁寧な抱っこで過ごしたい・赤ちゃんに安心感と密着感を与えたいという方はエンブレースがおすすめ。

アウェイは新生児から使いたい方の選択肢には入ってきませんね。

新生児期は抱っこ紐を使わないで乗り切る、もしくはベビースリングなどを持っている方が成長してから買い替えるときに候補に入る抱っこ紐です。

抱っこの種類(仕方)で選ぶ

オムニブリーズ
オムニスリーシックスティ
対面抱き
前向き抱き
おんぶ
腰抱き
アダプトソフトフレックス対面抱き
おんぶ
腰抱き
エンブレース対面抱き
前向き抱き
エアルーム対面抱き
前向き抱き
おんぶ
アウェイ対面抱き
おんぶ
種類別 抱き方の違い

日常使いには対面抱き、家事をするのにおんぶは必須です!私は年子で子供を産んだのでおんぶは必ずしていました。

自分の前に赤ちゃんがいると家事がはかどらないし、上の子の相手をするにも前に下の子がいるとしっかり上の子を見てあげることができません。

でも降ろすとぐずってしまう…というときは、いつもおんぶで上の子と遊ぶというハードワークをこなしていました。

外出したときに対面抱きの人ばかり見かけると思いますが、家の中ではおんぶの人が多いです。

なので、対面抱きとおんぶは必須だと思っています。前向き抱きは頻度は多くないので好みですね。

腰抱きはほとんどしている方を見かけたことはありません。あまり重要視しなくて良いと思います。

予算から選ぶ

オムニブリー税込33,900円
オムニスリーシックスティ税込31,900円が廃版となるためセール中
一部カラーのみ税込25,300円や16,500円
アダプトソフトフレックス税込24,750円
エンブレース税込15,400円
廃版品がセール中!税込6,600円
エアルーム税込38,500円
セール中!税込23,100円
アウェイ税込22,000円
種類別 価格の違い

エルゴベビーの抱っこ紐の中で最上級クラスのオムニブリーズは3万円を超えてきます。

抱っこ紐以外にも育児用品の準備があるので3万円オーバーはちょっと…と思う方ももちろん多いでしょう。

しかし1番売れているのはオムニブリーズです。カラーバリエーションが豊富なのと、やはり体への負担が赤ちゃんも大人に少ないのが魅力。

前向き抱きっているの?という人はアダプトソフトフレックスが個人的にはおすすめです。

アダプトの作りはブリーズの生地と同じソフトフレックスメッシュ。柔らかくて通気性の良い生地で、肩ストラップと腰ベルトの太さもブリーズと同じ。

前向き抱きができるかできないかで価格がだいぶ下がるので、アダプトソフトフレックスを選べば間違いはないと思います。

エルゴベビーの抱っこ紐の価格は日本総正規代理店ダッドウェイの価格が基本なので、それ以上に安いものは偽物の可能性があるので要注意です!

ダッドウェイオンラインショップで購入するのが一番安心で確実です。その次に安心なのが正規販売代理店となります。

大きなベビー用品取扱店(赤ちゃん本舗さん、ベビザラスさんなど)はもちろんのこと、ネット通販でも正規販売代理店と掲げている所で購入するようにしてください。

メインで使うかセカンド抱っこ紐かで選ぶ

メインの抱っこ紐としてセカンド抱っこ紐として
オムニブリーズ
オムニスリーシックスティ
アダプトソフトフレックス
エアルーム
エンブレース
アウェイ
メイン抱っこ紐orセカンド抱っこ紐

新生児から使える4種類については、追加で抱っこ紐を購入する必要は全くありません。

長年販売員をしていて、それでもエルゴから途中で買い替える人に多い傾向としては『大きくて邪魔』という意見が多くありました。

しっかりした作りのため、たたんでもあまりコンパクトにはならないのでもっと手軽なものが欲しいということですね。

エンブレースやアウェイは、あまり抱っこ紐を使わないorちょっとだけ使えればいいというような場合に最適です。

(普段、車でのお出かけが多い方、ベビーカー移動がメインの方など。)

エンブレースはおんぶができず、アウェイはベルト部分が細くて薄いため長時間の抱っこに向いていないというデメリットがあり、セカンド抱っこ紐に向いています。

エンブレースの旧品を6,600円でGETして、1歳前にアウェイを購入という方法だと3万円を超えずにコンパクトになる抱っこ紐が手に入ります。

ちょうど今はエンブレースのセールがあるのでこんな方法もあります。

▽目次へ戻る

エルゴベビーの種類

選び方がわかったところで、それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう!

  • 新生児期やおうち時間での使用に最適なエンブレースソフトエア
  • 4通りの抱き方ができるエルゴベビー最上級モデル!オムニブリーズ
  • 毎日使いにおすすめ!スタンダードモデルのアダプトソフトフレックス
  • おでかけが増えてきた家族にぴったり!小さくたためるアウェイ
  • 環境問題に関心のあるママパパ向けのエアルーム

新生児期やおうち時間での使用に最適なエンブレースソフトエアEMBRACE SoftAir

エンブレースソフトエアの特徴

  • 使用できる期間は0~12ヶ月(3.2kg~11.3kg)
  • 対面抱きと前向き抱きができる
  • 広がる肩ストラップで肩に加わる重さを分散
  • 洗濯機で洗える
  • やわらかく体にフィットする生地

2022年10月にEMBRACE SoftAir(エンブレースソフトエア)にリニューアルしました。

エンブレースソフトエアはメッシュ生地、リニューアル前のエンブレースはストレッチ素材です。

赤ちゃんは体温が高いのでママと密着する抱っこのときの通気性をさらにアップさせるため生地をリニューアルしました。

ウエストとサイドのバックルを留めるだけのシンプルな作りで、はじめての抱っこやお家での使用におすすめです!

生まれてすぐの赤ちゃんはふにゃふにゃです。慣れない抱っこに手元がおぼつかないなんてことも…。

そんな状態で複雑な作りの抱っこ紐を使おうとすると装着に戸惑ってしまうかもしれません。

なかなかうまく装着できずに赤ちゃんが泣き出してしまって、焦ってしまうママも多いと思います。

エンブレースなら複雑な操作手順がないので、はじめての抱っこや、おうちの中でサッと使いたいときに便利です。

装着方法

装着の方法は文章より動画が1番です!私も言葉だけでなく、売り場でダミー人形を使ってお客さまに実際装着してお伝えしています。

新生児期はウエストベルトを折り返して短くして使用。約2ヶ月頃の58.4cmから通常の対面抱きができるようになります。

赤ちゃんとの密着感がバッチリなので、ママも赤ちゃんも安心できます。

赤ちゃんって、包み込まれているととても安心するそうなんですが、それはママのお腹の中に居た時の安心感に近いからという理由なんです。

EMBRACEの生地はとても柔らかいので、包み込み具合が抜群です。

エンブレースソフトエアのさらに詳しい解説と、リニューアル前のエンブレースのお値下げ情報などはこちらの記事でご紹介中です。

エンブレースは1歳までしか使えないので、その頃には違う抱っこ紐の購入を検討する必要があります。

1歳頃には家族でお出かけする回数が増える頃なので、この後お伝えするAWAY(アウェイ)を検討してはいかがでしょうか?

4通りの抱き方ができるエルゴベビー最上級モデル!オムニブリーズOMNI Breeze

2021年6月9日に発売された抱っこ紐です。

オムニブリーズの特徴

  • 柔らかい肌ざわりと優れた通気性を持つSoftFlex™メッシュを使用
  • 使用できる期間は0~48ヶ月(3.2kg~20.4kg)
  • 対面抱き、前向き抱き、おんぶ、腰抱きの4パターンの抱き方が可能
  • 肩ベルトのバックルは安全性を重視したダブルロック式バックル使用
  • 腰ベルトにはサイドポケットが2つ

ママやパパと同じ向きでお出かけできる『前向き抱き』ができるところがBreezeの最大のポイントです。

前向き抱きができることで、動物園や水族館などお出かけの機会が増えてきたときに赤ちゃんもたくさん楽しめます。

抱き方は4種類、最大4歳頃まで使用できるエルゴベビーの抱っこ紐の中で最上級モデルとなります。

ブリーズだったら柔らかいメッシュ生地なので、熱がこもることもなくいつも快適に抱っこできます!

赤ちゃんの肌に触れるものなので、固くてゴワゴワした生地は不安になりますよね。

ブリーズの素材なら肌に触れても擦れてお顔や足などを傷つけるようなことはないので安心して長い期間使うことができます。

リニューアル前のオムニ360(スリーシックスティ)とオムニブリーズの細かな比較をした記事も是非参考にして下さい!

毎日使いにおすすめ!スタンダードモデルのアダプトソフトフレックスADAPTSoftFlex

2022年3月4日に新しいアダプトが発売されました。

オムニブリーズで使用した柔らかいソフトフレックスメッシュという生地でリニューアルし、より体にフィットして優しく赤ちゃんを包み込めるようになりました。

オムニブリーズとの違いは『前向き抱っこ』ができないこと。大人と同じように正面を向かせる抱っこができない分、お値段はお手頃です。

アダプトソフトフレックスの特徴

  • 使用できる期間は0~48ヶ月(3.2kg~20.4kg)
  • 対面抱き、おんぶ、腰抱きの3パターンの抱き方が可能
  • ソフトフレックスメッシュという柔らかく通気性の優れた生地を使用しムレを軽減
  • 赤ちゃんの体に添う形になったのでベビーウエストベルトは使用しない

エルゴの良さは厚みのある肩パッドとしっかり大きい腰ベルト。しかしその厚みや生地の質感から『なんだか暑そう…』と感じる方も少なくはありません。

ソフトフレックスメッシュは、ゴワゴワしたメッシュではなく柔らかいメッシュ。体温が高くて肌もデリケートな赤ちゃんを抱っこするには最適です!

アダプトクールエアーとアダプトソフトフレックスを比較した記事もありますので、詳しくはそちらをどうぞ!

アダプトは前向き抱きの機能がないので、対面抱き・腰抱き・おんぶの3通り。

前向き抱きは赤ちゃんが元気に起きていてお出かけ時にぴったりな抱き方ですが、常に使用するわけではありません。

毎日の寝かしつけや近所へのお散歩など、対面抱きかおんぶがメインな日々の育児の強い味方になってくれるのはアダプトです。

1つ機能が少ないのでお手頃価格になり手に入れやすいのがポイントです!

おでかけが増えてきた家族にぴったり!小さくたためるアウェイAWAY

2022年9月16日、日本限定で発売されたアウェイ。2通りの抱き方のみのシンプル設計で、お出かけが増えてきたご家族向けの抱っこ紐。

セカンド抱っこ紐としても活躍が期待できるアウェイは、小さくたためて荷物の邪魔にならないのがポイントです。

ブリーズやアダプトは作りがしっかりしている分、生地も厚めで重みもあります。

小さく丸めてたためるけれど、バッグやベビーカーのかごにしまえば半分以上は場所を取ってしまうのが悩ましい所。

約570gでペットボトル1本とほぼ変わらないアウェイは、お出かけが増えた家族向けに持ち運びやすさを1番重視した抱っこ紐です。

アウェイの特徴

  • 使用できる期間は首がすわった4ヶ月(体重5.5㎏)から36ヶ月(体重15.9kg)まで
  • 抱き方は対面抱きとおんぶの2通り
  • カバーとポーチが一体型で2通りの収納が簡単にできる

赤ちゃんとのお出かけはとにかく荷物がいっぱいです。

着替えやオムツ・ミルク・離乳食に加え、ママとパパの荷物にベビーカーも持って出かけると乗せていない間は荷物になります。さらに買い物をすれば増える荷物…。

大荷物で移動をする中、ご機嫌次第では抱っこしたりベビーカーへ乗せたり降ろしたりの繰り返し。

そのたびに抱っこ紐を出したり片付けたり、ママは本当に大忙しです。

AWAYは腰に付けたまま収納することもできるので、だら~んと前に垂らしたままの状態を避けられます。

腰に付けたまま収納ケースに入れてしまえばウエストポーチ風になり、腰にあるのが邪魔なら肩に回してショルダーバッグ風に。

旅行や遠出に使うときはバッグの中にサッとしまえるので、荷物が多くてもフットワーク良く軽快にお出かけしたいママさんパパさんのお役に立てること間違いなしです。

アウェイについて詳しく書いた記事も参考にしてください。

AWAY装着方法

環境問題に関心のあるママパパ向けのエアルームAERLOOM

リサイクル素材を使った数量限定の抱っこ紐です。

ペットボトルから作られたリサイクルポリエステルを87%使用したニット素材のエアルーム。

ニットならではのストレッチ性がポイントで、体にフィットするのが特徴です。

エアルームの特徴

  • 新生児(体重3.2kg身長50.8cm)から36ヶ月(体重15.9kg)まで使用可能
  • 対面抱き、前向き抱き、おんぶの3通り
  • スポーツシューズにも使われる機械編みの技術を使って作成
  • わずか670gの軽量抱っこ紐

数量限定の抱っこ紐で、ダッドウェイ公式オンラインショップではセールになっているので、もう残りわずかなエアルームです。

人と被らない抱っこ紐を探している方には、持っている人が少ないのでおすすめ。

さらに、環境問題を勉強してきたママさんパパさんへのプレゼントとしても喜ばれること間違いなしです。

パーツに合わせて生地を織り込むので生産時の生地の余りも少なく、過剰在庫を持たないように気を配って作られている抱っこ紐です。

対面抱き・前向き抱き・おんぶと3通りしっかり使えるので、抱っこ紐の機能としてはバッチリ!

ニット素材だとストレッチが効くので、ママさんパパさんの日常生活に合うように動きとても体にフィットします。

抱っこ紐を使っていると感じる多少の動きにくさも、エアルームなら適切な方法で伸縮するのでサポート力はバッチリです。

さらに通気性も良いので赤ちゃんもママさんパパさんもお互いが快適に抱っこを楽しめます。

AERLOOM装着方法

▽目次へ戻る

エルゴベビーのアフターサービスについて

エルゴベビーの抱っこ紐には取扱説明書の保証規定に基づき、日本国内にて1年間の製品保証が付いています。

1年間の製品保証期間中にユーザー登録をすることで、保証期間が2年間に延長されます。

3歳ころまで長く使用する抱っこ紐なので、2年保証を受けられるようにしておくことをおすすめします。

ユーザー登録の際に必要なのは下記の3つ!

  • 保証カード
  • 抱っこ紐本体
  • 購入記録(レシートや領収証など)

あまりの人気のため偽造品も出回っているエルゴベビー。必ず正規販売店で購入するようにしてください。

エルゴベビー日本正規総代理店の株式会社ダッドウェイより輸入されたエルゴベビーの抱っこ紐を購入すると保証カードが必ず入っています。

(保証カードの表面右上に「ホログラム(銀色のエルゴベビーマーク)」の無いものは無効となります。)

上記3点を準備してからユーザー登録を行ってください。保証期間は『購入日』から起算して1年または2年間の残りの期間となります。

なのでとても早く抱っこ紐を準備してしまうと保証期間が短くなるので、注意してください。

出産準備品を用意していく中で、抱っこ紐は妊娠後期に準備しましょうと書かれているものがほとんどです。

生まれてすぐに使いたい場合はもちろん出産前に準備しておくのがベター。

しかしあまり早く購入してしまうと、実際使い始めてから修理を依頼するようなことがあった場合、実質の保証期間が短くなってしまいます。

例えば生まれる半年前に購入してしまっていると、ユーザー登録をしない場合は生後半年間しか保証期間がないことになってしまいます。

赤ちゃんは大きくなる一方で小さくなることはありません。

抱っこ紐にかかる負荷も月日を重ねるほどに増えていきます。どんなにしっかりした作りでも使えば使うほど、重くなればなるほどダメージを追っていくのが抱っこ紐。

購入して使わずに保管している期間も保証期間中なので、購入タイミングもしっかり検討することをおすすめします。

▽目次へ戻る

エルゴベビーを試せるサービス

色々情報を集めていても、実際使ってみないと感覚がわからないのが抱っこ紐の悩ましいところ。

そこでエルゴベビーでは、抱っこ紐を試せるサービスFamisab(ファミサブ)というサービスを行っています。

赤ちゃんと大人の体に直接触れる抱っこ紐。

使い方を間違えたり、自分に合わないものを使ってしまうと体へ負担をかけてしまうアイテムとなってしまうため、慎重に選びたいですね。

  • 1種類or2種類の抱っこ紐を2週間試せるトライアルプラン
  • 月額で使えるベーシックプラン

2つのサービスを詳しくお伝えしていきます。

2週間試せるTrialプラン

おでかけ Trialプランといって期間は2週間のレンタルプランです。

  • 期間は2週間(商品到着日から起算して2週間:15日目までに返却)
  • 届くのはクリーニング済みの抱っこ紐
  • 1種セット税込3,300円、2種セット税込4,400円
  • 別途送料880円
  • レンタル期間延長は1週間550円

試せるのは、エンブレースソフトエア・アダプトソフトフレックス・オムニブリーズ・アウェイの4種類。

お店に行けば少し試すことはできても、長時間抱っこしてみたり、お出かけに持って行ったりと実際と同じようには試せません。

迷っている抱っこ紐を2週間試して納得してから新しいものを購入することで、抱っこ紐を失敗せずに手に入れることができます。

抱っこ紐迷子にならなくて済みますね!

すでにエンブレースを使用していて、1歳になる前に次の抱っこ紐を迷っている場合にも利用できるこのサービス。

試して合うものを選びたいというママさん、いろんな抱っこ紐を使ってみたというママさんにおすすめです。

定期利用のおでかけBasicプラン

最低利用期間が4ヶ月と決まっているおでかけBasicプラン新品が届くのでじっくり試したい方におすすめのプランです。

  • エンブレースソフトエア・アダプトソフトフレックス・オムニブリーズ・アウェイの4種類のうち1つ
  • 新品が送料無料で届く
  • 利用期間は4ヶ月~
  • 1ヶ月更新
  • 『商品定価』-『利用料』の差額支払いでそのまま買い取ることが可能
  • 6ヶ月継続するとそのまま自分のものになる
  • 3.6.9.12月に便利なアイテムが届く

毎月の利用料金は、それぞれの抱っこ紐の定価を6で割った金額です。

そのため6ヶ月継続すると定価と同じ価格を支払ったことになるため、プレゼントという表記になっています。

4ヶ月は必ず利用することがお約束なので、その前に合わないから辞めたいという場合は解約金が必要です。

失敗したくないママさんには、新品をじっくり試せるのでおすすめです。

抱っこ紐がしっくりこなくて後から2個目3個目と増やすのはみなさん避けたいところ。

実際問題、抱っこ紐も高価なのでいくつも買い替えるわけにはいかないですよね。

すでに抱っこ紐を持っていて、それが合わないから買い替えの際にこのプランを利用するのも実はおすすめです。

ママさん
ママさん

絶対必要だから買おうと思うんだけど、失敗したくないから悩んじゃうんだよね。

エルゴベビーの抱っこ紐でほぼ心は決まっているけど悩んでいる…何か決め手が欲しい!そんな慎重派のママさんにおすすめです。

パパさん
パパさん

でも4ヶ月は絶対使うなら買うのとたいして変わらないよね?

確かに金額的に購入するのと変わらなくなってくるので、2週間のトライアルを私はおすすめします。

例えば1ヶ月で合わないと感じて解約する場合の解約金は多少高額です。やはり新品が届くので割高な解約金となります。

1ヶ月分と解約金で本体価格とそんなに差のない金額になってしまいます。なので抵抗のある方は2週間のプランがおすすめです。

しかし中には『エルゴを買うって決めていて定期的に届く便利アイテムが楽しみでBasicプランを申し込む』という方もいます。

ほぼ決めているならそういう楽しみ方はありだと思います!

あとは、『合わない抱っこ紐を買ってしまって家にある状態が嫌だ』と感じる方もいます。

本当に必要なもの以外は増やしたくない、本当に必要なもの以外は買いたくないという気持ちが強い方には合っているサブスクです。

▽目次へ戻る

エルゴベビーの種類や選び方を知って自分に合う抱っこ紐で快適なお出かけを!

パパさんママさん、赤ちゃんみんなが快適に幸せな気持ちで抱っこができるように作られたエルゴベビー。

動きやすさと快適性で50ヶ国以上の国で愛用されていて、日本でもたくさんのママさんパパさんが使用しています。

大事なわが子を包む抱っこ紐、付ける大人も包まれる赤ちゃんもお互い快適に使いたいですよね。

エルゴベビーの抱っこ紐なら、大きく分けると5種類(リニューアル前の旧品を入れると8種類)あるので、自分に合ったものを選ぶことができます。

エルゴベビー抱っこ紐の選び方

  • 使用する月齢から選ぶ…新生児からか首がすわってからか
  • 抱っこの種類(仕方)で選ぶ…対面抱き・前向き抱き・おんぶ・腰抱き、必要なのはどの抱き方か
  • 予算から選ぶ…最上級モデルは3万超え、旧品なら2万円台
  • メインで使うかセカンド抱っこ紐かで選ぶ…長く使いたいか、すでに1本持っているのか

生まれてすぐ使用したいのであれば、新生児から使えるものを準備しましょう。

抱っこ紐は必要だけどあまりたくさん使わないかも、おさがりも持っている…という方は、使いたい月齢に合った抱っこ紐を選びましょう。

エルゴベビーの種類

  • エンブレースソフトエア…新生児から1歳までの新生児期に特化した抱っこ紐。おうち時間での使用に最適
  • オムニブリーズ…新生児から4歳頃まで使える4通りの抱き方ができる最上級モデル
  • オムニスリーシックスティ…オムニブリーズの旧品。廃版になるためセール中!
  • アダプトソフトフレックス…新生児から4歳頃まで使えて3通りの抱き方のできる必要最低限の機能がしっかり詰まったモデル
  • アウェイ…首のすわった4ヶ月頃から3歳頃まで使えて対面抱きとおんぶのみ。コンパクトに収納できるおでかけに特化した抱っこ紐
  • エアルーム…リサイクルポリエステルを使用したニット素材の抱っこ紐。新生児から3歳頃まで使用可能

買い替えせずに長く使いたいという方は迷わずオムニブリーズかアダプトソフトフレックスを選びましょう。

作りがしっかりしているので、新生児から4歳頃まで使い倒すことができます!

また、使用する赤ちゃんの月齢に合わせて抱っこ紐を使いたい場合はエンブレースやアウェイを検討してください。

この2つはコンパクトになるので、荷物の邪魔にならず『便利にちょっと使いたい』を叶えてくれる抱っこ紐です。

オムニスリーシックスティ、エンブレースの旧品、エアルームはセールになっているので要チェックです!

\54%OFFの\6,600で手に入る/
\21~49%OFF!のこりわずか/

抱っこ紐のほかにも育児用品は準備するものがたくさん。お得に賢く、そして楽しく赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう!

エルゴベビー専用の冬場に欠かせない防寒ケープもお見逃しなく!

エルゴベビーを購入する上での注意点

各国で人気なため、偽造品も出回っております。パッと見だと見分けがつかない巧妙な作りになっているようです。

公式の価格より安くならない設定になっているので、明らかに安いものを見つけたときは要注意です。

偽物に関しての詳細はエルゴベビー公式サイトをご覧ください。

日本での正規代理店はDADWAY(ダットウェイ)という会社です。

日本での大きい有名店ですと、赤ちゃん本舗さん、トイザらスさん、ベビザラスさん、イオンさん、ミキハウスさん、などで購入できます。

通販で購入される際は、ダッドウェイ公式オンラインショップが確実です。その他で買われる際は、『日本正規販売店』かどうかをしっかり確認してから購入するようにして下さい。

\1番安心安全で確実!/

妊娠・出産・育児に関するお得な情報

抱っこ紐のことだけじゃなく、妊娠・出産・育児全般に関する情報が欲しい!という方、たくさんいらっしゃると思います。

ホットペッパー・ホットペッパービューティー・じゃらん・ゼクシィなどで有名な㈱リクルートさんが、『ゼクシィbaby』という情報誌を発行しています。みなさん、ご存じでしたか?

  • 妊婦のための本
  • 赤ちゃんが生まれたら読む本

2種類が用意されています。写真でもわかる本の厚み!たくさんの情報がギュッと詰まっているのに、無料で自宅まで届けてくれます。

ママさん
ママさん

えっ!タダで読めるの??

そうです!無料です!本屋さんでも買う本を迷ってしまう方こそ、まずはゼクシィbabyを読んでみて下さい!

パパさん
パパさん

ママ、早く申し込みなよ~!僕も読みたいな!

これから赤ちゃんを迎える準備で忙しくなるママさんパパさん、赤ちゃんが生まれて慌ただしい日々を過ごしているママさんパパさんのお役に立つこと間違いなしです!

\会員登録も、配送も、本も全て無料!今すぐクリック/

コメント

タイトルとURLをコピーしました