【2021年最新】人気のエルゴベビー専用防寒ケープをご紹介&抱っこ紐以外への使い方をベビー用品販売員が解説します!

抱っこ紐
<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

こんにちは!ベビー用品売り場で約10年ほど販売員をしているちゃこまる。 (@chacomaru_baby) です!ご覧いただきありがとうございます。

暑い夏も終わりましたね。これから段々と季節は進み、徐々に寒くなっていきます。

寒くなるにつれて、赤ちゃんとのお出かけの時に悩むのが防寒対策ではないでしょうか?

大人も赤ちゃんも、厚着をすればいいのですが、厚着をする事によってわずらわしさも加わりますよね…。

寒い季節のお出かけの時のお悩み

  • 外は寒いが、車に乗ったりショッピングセンターに行ったりすると室内は暑い
  • 厚着をさせると、脱がせるのに手間がかかる
  • 抱っこ紐を使う場合、暑いからと言って服を脱がせるのは抱っこ紐から赤ちゃんを出さないといけない
  • だからと言って厚着をさせないわけにもいかない
  • 抱っこする大人も厚着、赤ちゃんも厚着だと抱っこしにくい

ママさん
ママさん

なんだか冬のお出かけの時の悩みって無限ループみたいっ!

そんな時は防寒用のケープを使えば温度調節が簡単にできるのでおすすめです!

防寒ケープを使うメリット!

  • たくさん厚着をさせずに抱っこ紐を使用できるのでモコモコ地獄から解放される
  • ママコートをわざわざ買わなくても良い(ママさんは前から持ってる自分のコートが着れる)
  • 赤ちゃんの首元から足先までカバーできるので安心
  • 抱っこで使用しない時はベビーカーにも使える
  • ベビーカーで使う時はクリップやスナップが付いているからしっかり留まる

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

抱っこするときのためだけに防寒用ケープを買うのはコスパが悪いんじゃない?と思われる方もいると思いますが、ケープはベビーカーのフットカバーになりますよ!

さらに、車に乗るときはママさんのひざ掛けにもできます。素材によっては赤ちゃんのおくるみとして、または授乳ケープとしても利用できます。

ではこれから詳しく、おすすめ商品と実際どのように使うと良いのかお話していこうと思います!

こんな人におすすめ!
  • エルゴベビーの抱っこ紐をお持ちの方
  • 冬に向けて防寒用ケープの購入を考えている方
  • 『防寒用ケープって必要なの?』と疑問をお持ちの方
  • 今年のおすすめの防寒ケープが知りたい方

寒い季節のお出かけで困る事

冬場の大人の厚着と、赤ちゃんの厚着、その2つが対面で合わさって抱っこ…。暑いに決まってますよね?

赤ちゃんの平均体温は36.5℃~37.5℃です。風邪をひかせたくないからと言って厚着をさせ過ぎると、逆に汗をかきすぎて後から冷えて体調を崩します

初めての育児ですと、温度調節ってとても悩みますよね。

ママさん
ママさん

暑いとか寒いとか言ってくれるわけじゃないし、泣いてアピールするだけだし、適温なんてわかんないよ~!

そうすると、心配なママさん達は、冬にたくさん着させてしまう傾向にある方が多いように感じます。

秋冬のベビー服の基本!

  • 室内⇒短肌着+コンビ肌着+秋冬素材のカバーオール
  • 寒いとき⇒ベストやモコモコ系カバーオールを追加する

しかし、場所によってはモコモコ系カバーオールのせいで、赤ちゃんが『冬なのに汗だく状態』の時があります。

これはやはりママさんやパパさんに抱っこされているときなんですね。

困る事①抱っこ紐を使う時に手足が出て冷えている

赤い丸で囲った部分の腕と足が抱っこ紐から出ますよね。そこの部分から冷えて風邪を引いてしまうんじゃないかと心配だから着こませてしまうんです。

赤ちゃん自身がとても温かいので、出ている手足がとっても冷たくなってママさんやパパさんはびっくりしてしまうことが多いようです。

困る事②防寒小物が気付くとなくなっている

冷えが心配なので、まずはお手頃な小物で対策しますよね。手袋や靴下、帽子などで防寒対策をしている赤ちゃんも冬場になるとよく見かけます。

生まれる前にお店などで靴下や手袋を見るだけで可愛くて癒されたりしていたんですが、実際使ってみるとビックリすることがたくさん!

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

手袋は手が小さくて取れちゃうし、靴下も気付いたら片方脱げてなくなってる!なんてことも多いんじゃないでしょうか?

私の売り場でも寒い季節はよく通路に靴下が落ちています。自然と脱げてしまうパターンもあれば、自分で取ってポイっとしてしまうお子さまもいます。

せっかくの可愛い靴下は、だいたい持ち主は現れないままの事が多いです。

ママさん
ママさん

靴下が片方なくなってるなんてしょっちゅうなんだよねぇ。だからってわざわざ探しに行かないし、残った片方だけじゃ使い道ないし…。

こんなママさんは多いんじゃないでしょうか。私も子供が小さい頃、何回か靴下をなくしました…。

困る事③アウターが邪魔になる

足元までカバーできるようなカバーオールも寒い季節になるとよく販売されます。

ママさん
ママさん

こーゆーの、めちゃめちゃかわいいよね!足元まですっぽりカバーしてくれるから安心だよね!

確かにすごーーくかわいいです。私もお祝いで頂いたりしました。

しかし、室内に入った時、脱がせてバッグにしまうと抱っこ紐と合わせると結構な大荷物になるんですよね…。

そしてまた外に出るために着せようとすると嫌がったり、外に出るタイミングで寝てしまったりと、ただの荷物になってしまうことがありました。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

かわいいから着せたかったのに、あまり使わないままサイズアウトしちゃった…。

なんてことも少なくありませんでした。

幸い我が子は年子だったので、上の子のを下の子に使えましたが、性別が違ったためちょっと似合わないものもありました。

でも1シーズンしか使えないのでなんだかコスパはよくないなぁってちょっと残念な気持ちになったこともあります。

防寒ケープのメリット

そんな寒い季節の抱っこでのお出かけの悩みを解決してくれるのは防寒ケープです!抱っこをするとき以外にもたくさん使い方があるので、とっても便利なアイテムです。

厚着をさせなくて良い

冬の抱っこでのおでかけの難点は、『赤ちゃんも大人も着こむからモコモコで窮屈』なことです。この、モコモコ地獄って結構辛くないですか??

せっかく合わせた抱っこ紐のベルトの長さも、アウターを着こませた分調節し直さなくてはなりません。

抱っこに慣れるまでって、ベルトの長さや赤ちゃんの抱っこの位置など、丁度良いポジションがわかならなくて苦戦することも多いんです。

せっかくベストな位置を見つけた時に、アウターを着こませたことにより調節するのって面倒ですよね?

そこで防寒ケープを使えば、赤ちゃんにたくさん厚着をさせなくて良いので、その面倒な作業から解放されます。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

そして厚着をした赤ちゃんは、大人が気付かないうちにたくさん汗をかいていることも多くて、冬場でもあせもがたくさん出来てしまう原因にもなってしまいます。

ママコートを買わなくて良い

ママコートはママコートで、あったら便利だと思います。しかし、妊娠前のコートなども出産を終えたからにはまた活躍させたくないですか?

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

赤ちゃんを実際抱っこしながら、ママコートの試着をするのってなかなか大変です。

抱っこした赤ちゃんを包む部分を『ダッカ―』というんですが、ここのファスナーの付け外しって地味に面倒なんです。

オシャレなママコートはたくさんありますが、作りは基本的にダッカ―が付いています。

ダッカ―のファスナーでの取り外し(特に取り付ける方)が苦手な方って実は結構いると思うんです。

ママさん
ママさん

確かにファスナーがうまく噛みあわない時があって、そういう時ってちょっとイライラしちゃうんだよね。

ましてや、そんな時に赤ちゃんがグズグズしてしまったら余計焦って取り付けがうまく行かなくなるんですよね。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

『外せて便利』は『取り付け楽々!』ではないこともあるので、そこは気を付けて下さい!

赤ちゃんとのお出かけや移動は、スピードが重要な時が多いです。

防寒ケープだったら、以前から持っているコートが着れる上に、抱っこ紐に取り付けしやすい構造になっているので、ママさんの手をわずらわせません!

小さい防寒具が必要ない

防寒ケープにはフードの付いているものもあります。そうすると、頭から足先までしっかりと包み込めます。

そうすると、赤ちゃんの帽子は不要ですし、手袋や厚手の靴下なんかも不要になります。

オールシーズン使えるような素材の靴下でしたら、お出かけの時は履かせても良いと思いますが、基本は裸足で大丈夫です。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

赤ちゃんは、出ている手のひらや足裏から体温調節をしています。手足が冷たくてもお腹や背中が温かければ赤ちゃんは快適な状態なんです。

外気の影響を受けやすいのが手足なので、すぐ冷たくなることもありますが、心配になったらお腹や背中に大人が手を入れて確認して下さい。

もしそこで汗をたくさんかいているようなら着せすぎですし、そこも冷えているようなら室内で暖を取るようにして下さい。

赤ちゃんの小物ってかわいいので欲しくなりがちですが、冒頭にもお伝えした通り、よくなくなります…。

防寒ケープで赤ちゃんをカバーしておけば、お家に帰って片方しかない靴下を見てがっかりする…なんてことはなくなります。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

赤ちゃんが風邪をひかないか心配でたくさん着こませてしまう方は多いですが、実はそこまで着こませなくても大丈夫なことを、これを機に知っていただけたら幸いです。

抱っこ紐に付ける以外にも色々使える

実は多用途なのに使いこなせていないママさんやパパさんをよくお見かけします。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

せっかくですので、ガンガン使い倒して欲しいと思っています。

ベビーカーで出かける場合

抱っこ紐を持ってベビーカーでお散歩に行く時、まずは防寒ケープをベビーカーのフットカバーとしてセッティングして下さい。

途中でぐずってしまったり、抱っこ紐の出番になった場合は、ケープを抱っこ紐に取り付けて下さい。

車で出かける場合

余りに寒い場合は、車内を温めてから出発して欲しい所ですが、そうもいかないこともありますよね。

チャイルドシートに赤ちゃんを乗せてから、毛布のようにケープを赤ちゃんに掛けてあげることもできます。

その時に、ケープには抱っこ紐に取り付けるためのスナップやクリップが付いているので、赤ちゃんのお口周りに当たらない位置で留めておくことができます。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

口元を間違って覆ってしまわないようにだけは細心の注意を払って下さいね!

または赤ちゃんに使用するのではなく、運転するママさんパパさん自身のひざ掛けとして使って頂けるだけの大きさ&暖かさを兼ね備えているので、ただ荷物として持つのではなく大人もどんどん利用しましょう!

出先で寝てしまった場合

お出かけ先で赤ちゃんが寝てしまった場合は、毛布・布団・おくるみ代わりとして使えます。

赤ちゃんが小さいときに、親戚にご挨拶に行った際に、そのお宅で寝てしまうとか、お友達の家に遊びに行ったら寝てしまう…なんてことはよくあります。

わざわざ寝具になるようなものを用意させてしまうのも気が引ける時ってないですか?ケープで代用できますし、抱っこ紐で寝てしまって床に降ろす際は上からかけて毛布代わりとして使えます。

下に敷いていた場合は、そのまま包んで抱っこだってできます。

授乳ケープの代わりとして

使用する場所にもよりますが、授乳ケープとして使用することもできる大きさがあるので、問題なく使うことが出来ます。

ただ、赤ちゃんは授乳中に少し汗をかくかもしれないので、ガーゼなどで優しく拭き取ってあげて下さいね!

▲目次へ戻る

おすすめの防寒ケープ

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

私の1番おすすめの防寒ケープはDADWAY(ダッドウェイ)で販売されているムーミン柄のベビーキャリアカバーです!

ダッドウェイは、抱っこ紐で有名なエルゴベビーの日本での正規代理店です。エルゴベビーは人気過ぎて偽造品も出回っているので、DADWAYで購入するのが一番安心です。

MOOMINBABY(ムーミンベビー)のベビーキャリアカバー

軽くて暖かい

体の熱をつかまえて逃しにくい高機能中綿素材3M™シンサレート™を使用しています。

高機能中綿素材3M™シンサレート™とは?

寒い季節により快適に過ごせる素材として開発されたもので、微細な繊維構造により優れた断熱性を実現。『暖かくて、厚くない』を可能にする技術。

『暖かくて、厚くない』って理想的ですよね。

ただでさえ自分のコートの重みと、赤ちゃんと抱っこ紐の重みが体に負担をかけているわけです。さらに防寒ケープまで重かったら抱っこが苦痛になってしまいます。

このキャリアカバーは軽いつけ心地でしっかり暖かいので、ママさんも安心です!

簡単装着

左右に3ヶ所、合計6ヶ所のスナップが付いています。スナップの色が変えてあるので簡単に装着できます。

前向き抱きに対応

赤ちゃんを大人と同じ方向を向かせる前向き抱っこをした時に、ケープに付いているフードが動いてしまうと赤ちゃんの視界を妨げてしまいます。

ましてや口元に来てしまうと呼吸の妨げになってしまうので、ケープ本体とフードを留めておけるスナップが付いています。

これで安心して前向き抱っこが楽しめます。

風の侵入を防げる

アジャスタブルウェビングと言って、この部分の調節を行うことにより、隙間の調節ができます。

風の侵入を防いで暖かさをキープできるので安心です。なので、厚手の靴下をはかせる必要もありません

ベビーカーに取り付け可能

問題なくベビーカーに取り付けることが出来ます。足元まですっぽりと覆えるので安心して走行できます。

その他の機能

  • 赤ちゃんの背中(前向きの時はお腹)部分にポケットが付いているので、ママさんの手も入れられて暖か
  • 撥水効果の高いテフロン加工で雨や雪をブロックする
  • 収納するための袋付き
  • ケープの内側と収納袋にはムーミンたちの可愛い模様付き
  • シンプルなデザインなので大人のファッションの邪魔にならない
画像をクリックすると詳細ページへジャンプできます!

今や色んな雑貨でムーミンをあしらった物が販売されています。とてもかわいくてほっこりするデザインなので、プレゼントにも最適です!

ママさん
ママさん

これを出産祝いでもらえらたかなり嬉しいかも!

MOOMINBABYコレクションはこちら!

▲目次へ戻る

BabyHopper(ベビーホッパー)オールウェザーカバー

  • 単体でレインカバー、ダウンカバー、2つ組み合わせてウインターカバーと、3通りの使い方ができる
  • 前向き抱きに対応(フード部分に固定スナップ付き)

現在ダッドウェイの公式オンラインショップでは、半額の¥5,500円で販売されています。

3通りの使い方ができるという事は、冬だけではなくて長い期間使用できますし、厚みも調節できます。

これ1つあれば、どこでもお出かけできちゃいますね!

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

しかしダウンカバーは、実際少し薄い気がします。

ほんの少しだけ肌寒く感じる日などはダウンカバーだけでも大丈夫だとは思いますが、モコモコケープを想像している方は少し薄いので注意して下さい。

だったら取り外さないで冬場はしっかりウィンターカーバーとして赤ちゃんを守ってください。レインカバーの撥水防風効果は高いので、用途によって使い分けして下さいね!

▲目次へ戻る

BabyHopper(ベビーホッパー)オールウェザーダウンカバー

  • こちらもレインカバー、ダウンカバー、さらに暖かい防寒カバーとしての3WAY仕様
  • ダウンカバーの詰め物にはダウン90%、フェザー10%を使用
  • 暖かい空気を逃さず、優れた保温性

先にご紹介したオールウェザーカバーにダウンを使用して、質をアップさせた商品になります。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

お店の見本を箱から出した時、あまりの軽さに驚きました!

これだったら真冬のお出かけは怖くないですね!軽いし小さく丸められるし、邪魔になりません。

▲目次へ戻る

BabyHopper(ベビーホッパー)ウィンターマルチプルカバー

  • 軽くて暖かい高機能ウィンターカバー
  • 優れた撥水加工で雨や汚れをブロック
  • 前向き抱きに対応

オールウェザーカバーよりも内側がしっかりとモコモコで暖かい作りになっています。

寒い地方にお住まいの方や、お散歩が好きなママさんはこちらを選ばれるといいと思います。

▲目次へ戻る

BabyHopper(ベビーホッパー)ウィンターマルチプルダウンカバー

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

エルゴ専用防寒ケープの中では人気No.1がウィンターマルチプルカバーです!

  • 杢調生地を表側に使用したダウンカバー
  • ダウン90% フェザー10%使用で真冬でもポカポカあたたかい
  • 前向き抱きに対応

ウィンターマルチプルカバーにダウンを使用した質をアップさせた商品です。内側は大人でもくるまりたくなる暖かさです。

これは寒い地方にお住まいの方には本当におすすめの防寒ケープです。

▲目次へ戻る

BabyHopper(ベビーホッパー)ウィンターマルチプルダウンカバー・リモンタ

  • 色はカーキ、ネイビー、ブラックの3色
  • イタリアの高級ファブリックメーカー「リモンタ社」のリモンタイーストの生地を表地に使用したボリューム感のあるダウンカバー
<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

公式オンラインショップだと、30%OFFの¥11,550で手に入ります!

シルエットと光沢感にこだわって作られた防寒ケープです。

普段着がキレイ目系ファッションのママさんには、ファッションを邪魔しない品のある光沢感が人気です!

ふんわりしているのにとっても軽くて持ち運びも邪魔になりません。

▲目次へ戻る

BabyHopper(ベビーホッパー)ウィンターライトダウンカバー・リモンタ

  • 色はホワイトシャイニー、ネイビーシャイニー、ブラックシャイニーの3色
  • リモンタイーストの生地を使用
  • 薄くて軽いので、秋冬のおでかけに最適

リモンタの秋~冬向けの防寒ケープです。ダウンタイプより軽くてふんわりした印象です。

光沢感がリモンタダウンよりあるので、エレガントさがUPします。

▲目次へ戻る

乗り物用ケープ

  • 色はグレー、イエロー、ピンク、ブラック、ネイビーの5色
  • 抱っこ紐、ベビーカー、自転車の3通りで長く使える
  • 3M社のシンサレート高機能中綿を使用
  • 表地の撥水効果が高いので雨や雪からもしっかりガード
<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

自転車で保育園の送迎をされている働くパパさんママさんにおすすめです!

『長く使える』って魅力的ですよね。お子さんの物ってサイズアウトすると何かとすぐ買い替えないといけないのが悩ましい所です。

しかしこの乗り物用カバーは、自転車にお子さんを乗せる時も使えちゃうんです!

ということはかなり長い期間使えるという事です。小さい頃に購入したものを長く使えるって嬉しくないですか?

お子さんの物って何かと出費がかさむので、コストを抑えて長く使えるものが欲しい方には本当におすすめです!

抱っこ紐用防寒ケープのおすすめ:まとめ

今回は、人気の抱っこ紐『エルゴベビーに最適な防寒ケープ』をご紹介しました。

エルゴの抱っこ紐を利用している方はたくさんお見かけします。

どんなメーカーの物にも合うようなマルチ防寒ケープはお手頃価格で便利かもしれませんが、サイズが絶妙に合わずに隙間が出来て完全に防寒出来ないことがあります。

せっかくエルゴベビーにぴったりな防寒ケープが用意されているので、エルゴベビーも防寒ケープも最適な状態で使っていきましょう!

これから抱っこ紐を購入しようと考えている方は、こちらの記事も合わせて参考にして下さい。

それでは、今回ご紹介した商品をおさらいしたいと思います。



MOOMINBABY


オールウェザーカバー


オールウェザーダウンカバー

ウィンターマルチプルカバー


ウィンターマルチプルダウンカバー

ウィンターマルチプルダウンカバー・リモンタ

ウィンターライトダウンカバー・リモンタ

乗り物用ケープ
暖かさ
レベル
(2 / 5.0)
(1 / 5.0)
(2 / 5.0)
(3 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(1 / 5.0)
価格(税込)¥9,90050%OFF
¥5,500
¥13,200¥8,690¥11,00030%OFF
¥11,550
¥16,500¥5,500
サイズW62×D2×H82
巾着袋:W26×H32cm
レインカバー/W74×H90cm
ライナーカバー/W72×H85cm
レインカバー/W74×H90cm
ダウンカバー/W72×H85cm
W74×H90cmW74×H90cmW74×H90cmW74×H90cmW100×H72cm
素材
表側:ポリエステル 100%
裏側:ポリエステル 100%
中綿:ポリエステル 100%
アウターカバー/ 本体:ポリエステル100%
メッシュ:ポリエステル100%
ライナーカバー/ 表側:ポリエステル100%
中綿:ポリエステル100%
裏側:ポリエステル 100%
アウターカバー/ 本体:ポリエステル100%
メッシュ:ポリエステル100%
ライナーカバー/ 表側:ナイロン100%
詰物:ダウン90%フェザー10%
裏側:ナイロン100%
表側:ポリエステル100%
裏側:ポリエステル90%レーヨン10%
中綿:ポリエステル100%
表側:ポリエステル100%
詰物:ダウン90%フェザー10%
裏側:ポリエステル90%レーヨン10%
表側:ポリエステル100%
 詰物:ダウン90%フェザー10%
裏側:ナイロン100%
表地:ナイロン100%
詰物:ダウン90%フェザー10%
裏地:ナイロン100%
表側:ポリエステル100%
裏側:ポリエステル100%
中綿:ポリエステル100%
カラーライトグレー
ベージュ
グレー
ネイビー
ブラック
グレー
ネイビー
ブラック
グレー
ネイビー
ブラック
グレー
ネイビー
チャコール
カーキ
ネイビー
ブラック
ホワイトシャイニー
ネイビーシャイニー
ブラックシャイニー
グレー
ネイビー
ブラック
イエロー
ピンク
洗濯手洗い可能 中性洗剤手洗い 中性洗剤手洗い 中性洗剤手洗い 中性洗剤手洗い 中性洗剤手洗い 中性洗剤手洗い 中性洗剤手洗い
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

お手入れ方法について

  • 手洗いとなっていますが、ご自宅の洗濯機に『手洗いコース』や『デリケート洗い』コースがある場合、利用可能なこともあり(しかし責任は負いかねますのでご了承下さい)
  • 撥水効果は、使用や洗濯により薄れますが、浮かしアイロンで熱を加えると効果は復活する
  • ウィンターカバー、ウィンターマルチプルカバーは使用前に単独での水通しをした方が良い(他の衣料に毛が付着するのを防ぐため)

小さなブランケットやおくるみなどをマルチクリップなどを利用して防寒ケープ代わりにされている方も良くお見かけします。

しかし、隙間が出来る・クリップがうまく留まらない・すぐ取れてしまう、など小さな困りごとがたくさん出てきます。

それに加えて、防寒用に用意した靴下が脱げてなくなったり、赤ちゃんが帽子や手袋を嫌がったり…と、寒い季節のお出かけは何かと大変です。

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

防寒ケープを使えば、余計な小物は不要ですし、何より寒さから大事なお子さまをしっかり守れます!

さらに防寒ケープは色んな使い方ができます。抱っこの時以外は、ベビーカーのフットカバーに、車内ではお子さまや大人のひざ掛けとして、室内ではおくるみや簡易的な寝具代わりとして、マルチなアイテムです!

  • 優しい色合いがお好みな方やプレゼント用⇒MOOMINBABY(ムーミンベビー)
  • しっかり防寒対策されたい⇒ウィンターマルチプルカバー(寒い地方の方はダウンの方を)
  • 防寒対策とファッションとしての上品さをプラスしたい方⇒ウィンターカバーリモンタ
  • 雨の日等に外に出なくてはいけないことが多い方オールウェザーカバー(自転車など使われるならダウンの方を)
  • 1回購入したら長く使いたい方⇒乗り物用ケープ

皆さまに合った防寒ケープが見つかりますように!

<span class="fz-12px">ちゃこまる。</span>
ちゃこまる。

何か育児用品の困り事などがありましたら、直接ちゃこまる。(@chacomaru_baby)にご相談いただけたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました