※当ページのリンクには広告が含まれています。

リーマンカイナビットターンISOFIX2は買い替え不要で長く使えるコスパ最強チャイルドシート

リーマンカイナビットターンISOFIX2チャイルドシート

赤ちゃんを車に乗せる際には、必ずチャイルドシートを使用する必要があります。

しかし成長に伴い、度重なる買い替えで育児用品のコストが高くなってしまうというのは、多くのご家庭が抱える課題の1つでしょう。

そこで、この記事では「リーマンカイナビットターンISOFIX2」というチャイルドシートをご紹介します。

カイナビットターンISOFIX2は、新生児から11歳まで使い続けられるので、買い替える必要がなく、コストパフォーマンスに優れています。

さらに、日本のチャイルドシート専門メーカー「リーマン」が作っていることから、安全性や信頼性も期待大!

また回転式なので、乗せ降ろしがとても簡単で、不慣れなママでも安心して使用できます。

育児用品のコストを抑えたいご家庭や、お孫さんのために手ごろなチャイルドシートを探しているおじいちゃんおばあちゃんにおすすめしたいチャイルドシートです。

それでは、カイナビットターンISOFIX2の特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

この記事を書いたちゃこまるについて

  • ベビー用品販売員歴、13年目
  • 抱っこ紐検定1級修了
  • 担当はベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐などの大型育児用品
  • 男女の年子のお母さん(高3と高2)
  • 子どもが0歳児の時から働くワ―ママ
  1. カイナビットターンISOFIX2の特徴
    1. 新生児から11歳頃まで買い替え不要で長く使える
    2. 90度の回転で乗せ降ろしラクラク(ベビーモード時)
    3. レッグサポートがないので足元広々
    4. 肩ベルト連動ヘッドレストで調節不要
    5. 安全性バッチリ!ISOFIXとシートベルト併用取り付け(前向き時)
  2. カイナビットターンの取り扱い注意点
    1. ISOFIXとシートベルト固定の両方使えるわけではない
    2. 回転できるのは90度で360度ではない
    3. 前向きへ切り替えると回転できない
    4. 角度を変える機能はあるが、リクライニングさせるための機能ではない
  3. カイナビットターンとロッソビットターンの違い
  4. 色違いはイオンスタイルオンラインでGETできる
  5. 長く使える(ロングユース)チャイルドシートのメリット&デメリット
    1. メリット
      1. 買い替える手間や費用がかからない
      2. 買い替え時に処分の手間が減る
      3. 長い期間、子供の安全を守れる
    2. デメリット
      1. 設置や取り外しがやや難しい場合がある
      2. 他のチャイルドシートより選べる種類が少ない
      3. 買い替え不要でも買い替える可能性もある
  6. カイナビットターンの口コミや評判は?
    1. ISOFIXの中では超安い!
    2. 固定方法の違いがわかりにくい
    3. 説明書がわかりにくい
    4. その他の口コミまとめ
  7. 買い替え不要!コスパ最強のリーマンチャイルドシートで快適なドライブを♪
  8. 妊娠・出産・子育てに関するお得な情報のご紹介
    1. Amazonらくらくベビー
    2. ゼクシィベビー

カイナビットターンISOFIX2の特徴

カイナビットターンISOFIX2 基本情報

買い替え不要の長く使えるチャイルドシート、カイナビットターンISOFIX2の特徴を紹介します。

新生児から11歳頃まで買い替え不要で長く使える

カイナビットターンISOFIX2 長く使える説明

チャイルドシートの使用義務期間はお子さまが満6歳まで。

しかし、車のシートベルトは身長140㎝以上から守る力を発揮できる仕組みになっているのはご存知ですか?

そのため、6歳を迎えても140cmを超えていなければ、チャイルドシートやジュニアシートを継続利用するのが望ましいのです。

令和2年度学校保健統計のデータ

6歳男の子の平均値…身長117.5cm、体重22.0kg
6歳女の子の平均値…身長116.7cm、体重21.5kg

調査結果から、6歳では140cmまで約20cmほど身長が足りないため、直接シートに座ってシートベルトを装着しても首や顔に当たり逆に危険なことも。

個人差はありますが10~12歳頃が140cmを超えてくるラインです。

カイナビットターンは成長に合わせ背もたれ部分が伸びるため、買い替え不要で身長が140cm超える辺りまで使えますよ!というチャイルドシートなんです。

パパさん
パパさん

だから「11歳頃まで使える」ってことなんだね。

90度の回転で乗せ降ろしラクラク(ベビーモード時)

カイナビットターンISOFIX2 回転の説明
画像:LEAMAN公式

カイナビットターンは『ISOFIXとトップテザー固定』の場合、ドア側に90度回転させることができます。

ドア側にシートを回転して乗せ降ろしできると、お出かけがスムーズ!

機嫌がよかった赤ちゃんも、乗せ降ろしでモタモタしているうちに不機嫌に……ということも少なくありません。

先輩ママ
先輩ママ

回転するかどうかは、選ぶときに外せない機能だよね!

私も出産時に軽自動車にチャイルドシートを取り付けましたが、回転機能があってよかったと心から思いました。

赤ちゃんが13kg未満まで後ろ向きで使用するので、車によく乗る場合は大活躍間違いなしですね!

ISOFIXとシートベルト固定の場合は回転できません(注意点の所で解説中)

レッグサポートがないので足元広々

カイナビットターンISOFIX2 レッグサポートがない

回転タイプのチャイルドシートの多くは、台座から下に突っ張らせるように使用するレッグサポートがあります。

比較のため、コンビのクルムーヴコンパクトとアップリカのクルリラプラスライトを見てください。

チャイルドシートを安全に固定するための仕組みですが、地味に足元の幅を取るんですよね。

レッグサポートがなければ足元も広々するため、荷物を置くこともでき、車内空間も圧迫しません。

大きくなって前向きに変えたときに、お子さまもレッグサポートがない方が乗り降りしやすいです。

肩ベルト連動ヘッドレストで調節不要

カイナビットターンISOFIX2 方ベルト連動の説明

お子さまの成長に合わせてヘッドレストを上に伸ばしていく際に、ベルトが連動しているため調節が不要です。

チャイルドシートによっては、背中部分に3段階ほどの穴が開いていて、わざわざベルトを外して高さを変える必要があります。

カイナビットターンなら、ヘッドレストを上げればベルトも上に付いてくるので面倒な作業が一切なく、体にフィットします。

ベルトがお子さまの体型に合った位置から使用されていないと危険です。

お子さまをしっかりホールドするのは肩ベルトです。

体に合った位置で取り付けていないと乗り心地も悪く、いざというときに大事なお子さまを守れません

面倒な作業が必要ないので安心して使用できますね。

安全性バッチリ!ISOFIXとシートベルト併用取り付け(前向き時)

カイナビットターンISOFIX2 W固定の説明
出典:LEAMAN公式

赤ちゃんが成長し、前向きに付け替える際は、ISOFIXとシートベルト固定になります。

ダブルで固定することで、緩みやズレが発生しにくくなるため、安全性がさらに強化されます。

ISOFIXだけで固定しないよう気を付けましょう。

カイナビットターンはダブルで固定する仕様のチャイルドシートです。必ずシートベルトも使用してください。

前向き付け替え時の目安

  • チャイルドモード(5点式ベルトあり)…9kg~18kg以下(約9ヶ月~4歳頃)
  • ハイバックモード(5点式ベルトなし)…15kg~36kg以下(約3歳~11歳頃)

ここで覚えておいて欲しいのは、赤ちゃんを守るために、できるだけ長い期間後ろ向きで使用することが推奨されています。

後ろ向きのベビーモードは13kg未満(約15ヶ月)まで使用できるので、9kg超えたから早く前向きにしよう!ということではないのでご注意ください。

カイナビットターンの取り扱い注意点

長く使用するために、気を付けておかなければならない点や、購入時に勘違いしやすい部分をお伝えします。

ISOFIXとシートベルト固定の両方使えるわけではない

カイナビットターンはISOFIXとシートベルトの両方で、ガッチリと固定する仕様のチャイルドシートです。

店頭でも「ISOFIXとシートベルト、どちらでも固定が可能」と勘違いされることがよくあります。

ISOFIXが付いている車と付いていない車で、チャイルドシートを載せ替える可能性のある方はアップリカのクルリラシリーズを選びましょう。

【アップリカ】クルリラAD ライトネイビーNV ISOFIXとシートベルト両方対応のチャイルドシート

回転できるのは90度で360度ではない

後ろ向きで取り付けるベビーモードの時、ISOFIXとトップテザー固定をする場合にドア側に90度回転させることができます。

トップテザーがチャイルドシート上部の左右どちらかのインジケータを通るため、360度回転はできません。(画像を見る)

お店で見て試す際に、トップテザーまで取り付けて確認できる機会は少ないので気を付けてください。

私はいつも、リーマン公式サイトの取り付け動画を見ることをお伝えしています。

販売員でも少し戸惑うのが取り付け方法です。説明書は文字ばかりでちょっと……という方は特に動画の方がわかりやすいですね。

前向きへ切り替えると回転できない

前向きで取り付けると、ISOFIXとシートベルトのダブル固定となるため、回転できなくなります

トップテザーでの取り付けは、後ろ向きのベビーモードのときだけです。

しかしカイナビットターンにはレッグサポートがない分、足元が広々としているので乗せ降ろしはそこまで苦になりません。

角度を変える機能はあるが、リクライニングさせるための機能ではない

下の部分に付いている「角度調節レバー」は、名前のとおり角度を調節するためのレバーで、リクライニングレバーではありません

リーマンのチャイルドシートは車の背もたれ角度に合わせてしっかり取り付けるための機能として角度調節レバーがあります。

詳しくは公式サイトのよくある質問をご覧ください。

カイナビットターンとロッソビットターンの違い

カイナビットターンISOFIX2 色の違い

ロッソビットターンはアカチャンホンポオンライン限定の商品です。

カラーがブラックで、機能は全く同じです。

色違いはイオンスタイルオンラインでGETできる

カイナビットターン2は、実は3色展開です。

  • スタンダードモデル…ココアネイビー
  • アカチャンホンポ限定…ブラック
  • イオンスタイルオンライン限定…モカーキ

車の内装が明るめのカラーの場合、モカーキだとしっくり馴染みそうですね!

他の人と被りたくないという人にもおすすめです。

長く使える(ロングユース)チャイルドシートのメリット&デメリット

装着義務期間の6歳まで、買い替えがいらないのが長く使えるチャイルドシートの魅力です。

しかし購入前にメリットとデメリットを理解した上で選びましょう。

メリット

  • 買い替える手間や費用がかからない
  • 買い替え時に処分の手間が減る
  • 長い期間、子供の安全を守れる

買い替える手間や費用がかからない

一般的には、新生児から4歳頃まで使用できるチャイルドシートを購入し、3歳頃にジュニアシートに切り替える家庭が多い傾向にあります。

3歳頃に再度ジュニアシート購入のために調べたり、お店に見に行ったり…という手間と買い替え費用が発生します。

その点、長く使えるチャイルドシートは不具合がない限りずっと使い続けられるので、時間とお金の節約になります。

買い替え時に処分の手間が減る

また、買い替えるということは使用しなくなったチャイルドシートの処分や保管を考えなくてはなりません。

チャイルドシートで1回、買い替えたジュニアシートで1回、計2回処分のタイミングがやってきます。

粗大ごみに出す、リサイクルショップに持っていく、自治体のチャイルドシートリサイクル制度を活用するなど、処分方法はいくつかあります。

買い替える回数が多ければ多いほど、この手間は増えますし、費用や時間がかかる場合があります。

その点、長く使えるチャイルドシートならすべてが1回で完了します。トータルコストも安く済む場合が多いので、ゴミも減らせてコストも抑えられるのが魅力です。

長い期間、子供の安全を守れる

やはり11歳頃まで長く使用できるのは、それだけ長い期間「子供の安全を守れる」ということにつながります。

車のシートベルトが身長140cm以上から力を発揮するということを知っている人は案外とても少ないのです。

小さいお子さまを守るのはパパママ、おじいちゃんおばあちゃん、大人の責任です。

お子さまが生まれる機会に新しい知識を得て、しっかりお子さまを守っていきましょう!

デメリット

  • 設置や取り外しがやや難しい場合がある
  • 他のチャイルドシートより選べる種類が少ない
  • 買い替え不要でも買い替える可能性もある

設置や取り外しがやや難しい場合がある

新生児から6歳(商品によっては11歳頃)まで使用できるということは、年齢に合わせて取り付け方を変更します。

その際に、やや複雑な仕組みになっていたり、1回取り付けた時から時間が経っているため、取り外しに戸惑ったりすることもあります。

説明書を紛失して困った~という声も多いですね。

しかし今はメーカーのホームページを見ると説明書をダウンロードできますし、取り付け方の動画も公開している企業もありますので安心してください。

他のチャイルドシートより選べる種類が少ない

プレママ
プレママ

そうそう、お店に見に行ってもあんまり種類がないよね。

店頭でも「もっと種類や色はないの?」とよく聞かれますが、長く使うためにシンプルかつベーシックなカラーの商品を各メーカーが数点ずつしか用意していません。

私がおすすめするアイテムをいくつか紹介している記事がありますのでそちらも参考にしてください。

長く使えるチャイルドシートおすすめ3選長く使えるカトージjoie(ジョイー)3機種を紹介!

買い替え不要でも買い替える可能性もある

最後に、これは誰も予測不可能ですが「買い替えの可能性がある」ことを頭に入れておいてください。

長く使うつもりで購入したけれど、買い替えたという人も少なからずいます。

  • 成長が早く、キツイと言うようになった(キツそうで買い替えた)
  • 乗るのを嫌がるようになった
  • 他のお子さまのジュニアシートを見てそっちがいいと言い出した

お子さまの成長スピードも想定より早ければ、チャイルドシートの基準を超えてしまうこともあります。その場合は、やはり体型に合う形状へ変えないと安全が確保できません。

また、大きくなって意思表示ができるようになったころ、他のご家庭のジュニアシートなどを見て「あっちがいい」と言う可能性もあります。

その希望に答えるのか、今あるものを大事に最後まで使い続けるのか……。ご家庭の判断が必要な時期も訪れますが、成長の過程ですので、その都度対処していきましょう。

カイナビットターンの口コミや評判は?

やはり気になるのは実際使用している人の感想です。1つ1つ見ていきましょう。

ISOFIXの中では超安い!

リーマンは愛知県にあるチャイルドシート専門の会社です。コストパフォーマンスの良い商品が数多くあります。

固定方法の違いがわかりにくい

カイナビットターンもISOFIXとテザーアンカー固定です。テザーアンカーがない場合と、前向きに変えた時がISOFIXとシートベルト固定になります。

説明書がわかりにくい

コストカットのためもあるのか、説明書がたくさんの文字で詰まっていて探したい部分が見つけにくい…。

新生児期から使用しているクッションはベビーモードだけで使用し、6kgを超えるまでは使用するよう記載があります。

6kgを超えてからは赤ちゃんの体型に合わせて外すか使い続けるか考えましょう。

その他の口コミまとめ

良い口コミ

  • 取り付けもそんなに難しくなかった(30代男性)
  • ベルトも付けやすく買ってよかった(30代男性)
  • コスパが良くて助かった(20代女性)
  • 孫のために購入。毎日使うわけじゃないので長期的に使えるのがいい(60代男性)
  • ベルトの調節が難しかったけど、回転するし、色もいい、安い。総合的に良い商品(30代女性)

11歳頃まで長く使えて3万円以下はとてもうれしいですね。

悪い口コミ

  • 機能はいいけど、もっと違う色が良かった(50代女性)
  • リクライニングできたらいいのに…(50代男性)
  • 値段相応って感じ。毎日送迎とかで使うなら360度回転する方がいいかも(40代女性)
  • クッションが他のメーカーと比べると薄い気がする(20代女性)

リクライニング機能や、360度回転となると、お値段も上がりそうですね…。

毎日車に乗る予定のある方は、チャイルドシートの回転機能やクッション性能など、高機能なものを選んだ方がより快適かもしれません。

カイナビットターンは、予算を抑えたい人・車へ乗る頻度が少ない人・買い替えしたくない人に向いているチャイルドシートです。

買い替え不要!コスパ最強のリーマンチャイルドシートで快適なドライブを♪

カイナビットターンISOFIX2 まとめ

買い替え不要で新生児から11歳頃まで長く使えるチャイルドシート「カイナビットターンISOFIX2」を紹介しました。

3万円以下というコスパ最強のチャイルドシートで、店頭でも大人気!そんなカイナビットターンISOFIX2の特徴をおさらいします。

カイナビットターンISOFIX2の特徴

  • 新生児から11歳頃まで買い替え不要で長く使える
  • 90度の回転で乗せ降ろしラクラク(乳児モード時)
  • レッグサポートがないので足元広々
  • 肩ベルト連動ヘッドレストで調節不要
  • 安全性バッチリ!ISOFIXとシートベルト併用取り付け(前向き時)

余計な機能が付いていないので、本体重量も8.6kgと、女性が1人で取り付けるのも苦にならない重さです。

回転式の高機能なチャイルドシートは15kgほどするものが多く、パパでも取り付けに苦労する方も多くいます。

おじいちゃんおばあちゃんが、孫のために用意するご家庭も多く、価格も使い勝手もちょうどいいチャイルドシートです。

使用する上で気を付けて欲しい点もおさらいします。

カイナビットターンISOFIX2の注意点

  • ISOFIXとシートベルト固定の両方使えるわけではない
  • 回転できるのは90度で360度ではない
  • 前向きへ切り替えると回転できない
  • リクライニング機能はない

お店の店員でも、最初は「ISOFIXとシートベルトのどちらでも固定が可能」と勘違いする人も多いので注意が必要です。

新生児期から1歳頃までは後ろ向きでISOFIXとトップテザー固定、前向き時はISOFIXとシートベルト固定です。

そして角度調節レバーがありますが、車のシートに合わせて角度を変えるためのレバーで、リクライニング機能ではありません。

この4点を踏まえたうえで購入を検討してください。

カイナビットターンISOFIX2でお得にお買い物ができたら、カットできた費用を高機能な抱っこ紐やベビーカーへ回すこともできますね。

また、おじいちゃんおばあちゃんに保育園や幼稚園の送迎をお願いする機会の多いご家庭の多くは、カイナビットターンISOFIX2を選んでいます。

おじいちゃんおばあちゃんも、毎日乗せるわけではないので買い替えが不要で装着義務期間がクリアできるのはとてもうれしいポイントです。

商品の特徴をしっかり押さえて、上手に育児グッズをそろえていきましょう!

購入前には適合車種をしっかり調べるのをお忘れなく!取り付けられない車もあるので注意してください。

他のメーカーの長く使えるチャイルドシートが気になる方は下記の記事も参考にしてください。

妊娠・出産・子育てに関するお得な情報のご紹介

妊娠がわかると、本を購入したりインターネットでいろいろ検索したり、不安や疑問が多いのでたくさん情報収集をすると思います。

でも、たくさんの情報を集めすぎて「どれがいいのか結局よくわからない…」と新たに悩みが増えてしまうママも多いのでは?

お店でも「結局よくわからないので教えて下さい」とおっしゃるママさんがたくさんいます。

これから出産準備でなにかと出費がかさむため、無料で利用できる役立つ情報をお伝えします。

Amazonらくらくベビー

Amazonらくらくベビーは、出産・育児グッズのお買い物リストを作れたり、お得な特典を受けられたりする無料のプログラム

対象のマタニティ・ベビー用品を2万円以上購入で、その後のらくらくベビーでのお買い物が最大1万円OFF(プライム会員以外は最大5,000円OFF)となる「らくべビ割引」も使えます。

ベビーカーやチャイルドシート、おむつやミルクなど、必ず必要だけど大きくて重いものはAmazonでお得に購入して自宅まで運んでもらいましょう!

出産準備お試しBoxのもらいかた
  • Step1
    らくらくベビーにお子さまの出産予定・誕生日を登録
  • Step2
    Amazonプライム会員に登録する(既に会員の方は不要)
  • Step3
    出産準備チェックリストから30個の商品をらくらくベビーに追加する
  • Step4
    マイベビーリストから700円以上の商品を購入する

普段からAmazonを利用している方なら登録しない手はありません!

赤ちゃんが産まれると、本当に日々の買い物は大変になります。荷物も置く、ご機嫌に左右されるため思うように買い物が進まないことがほとんど。

だったらお家でまったり過ごしながら必要なものが自宅に届く方が、パパママも赤ちゃんも時間と気持ちに余裕が産まれます。

登録者限定セール(最大20%OFFなど)があり、セールをうまく組み合わせればオムツなどが初回最大35%OFFになることも!

3歳頃までオムツは手放せないアイテムです。なるべく安く抑えたいけど絶対に必要で枚数も節約できるものではありません。

こうしてお得になるプログラムを知っていると、日々の生活満足度がぐんっと上がります♪

Amazonらくらくベビー

ゼクシィベビー

妊娠・出産・育児全般に関する情報が欲しい!という方、たくさんいらっしゃると思います。

ホットペッパー・ホットペッパービューティー・じゃらん・ゼクシィなどで有名な㈱リクルートさんが、『ゼクシィbaby』という情報誌を発行しています。みなさん、ご存じでしたか?

  • 妊婦のための本
  • 赤ちゃんが生まれたら読む本

2種類が用意されています。写真でもわかる本の厚み!たくさんの情報がギュッと詰まっているのに、無料で自宅まで届けてくれます。

ママさん
ママさん

えっ、無料なの?

そうです!無料です!本屋さんでも買う本を迷ってしまう方こそ、まずはゼクシィbabyを読んでみて下さい!

妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を隔月で発刊し、会員の妊婦さんのご自宅まで無料でお届け!

コメント

タイトルとURLをコピーしました