※当ページのリンクには広告が含まれています。

コンビクルムーヴR129エッグショックCAはクルムーヴコンパクト・THE S(ザエス)と何が違う?販売員が違いを徹底比較!

クルムーヴR129エッグショックCAと3機種の比較チャイルドシート

2023年12月、コンビから新しいチャイルドシート「クルムーヴR129エッグショックCA」が発売。

クルムーヴR129エッグショックCAの特徴
  • 安全基準R129適合
  • シートが360°回転
  • 5段階リクライニング
  • 新生児から4歳頃まで使用可能
  • 低座面設計で小柄ママも乗せ降ろししやすい

車移動が多い家庭では、とても活躍できるチャイルドシートです。

しかし、実際お店に見に行くと、たくさんの種類が並んでいてよくわからなくなってしまいませんか?

お店でよくされる質問は下記の3点!

  • クルムーヴコンパクトとは何が違うの?
  • 座面の外せるTHE S(ザ・エス)とどっちがいい?
  • 他のメーカーで似ているチャイルドシートはある?

この記事では、ベビー用品売り場で働く現役販売員が、お店に足を運ばなくても購入の判断ができるように詳しく解説します。

3機種と比較しながら、どのチャイルドシートがどんな生活スタイルのご家庭に合っているかをご提案していますので、ぜひ最後までご覧ください。

クルムーヴR129エッグショックCAについての詳しい記事はこちら

この記事を書いたちゃこまるについて

  • ベビー用品販売員歴、13年目
  • 抱っこ紐検定1級修了
  • 担当はベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐などの大型育児用品
  • 男女の年子のお母さん(高3と高2)
  • 子どもが0歳児の時から働くワ―ママ

クルムーヴコンパクトエッグショックJQとの違い

2023年4月に発売されたクルムーヴコンパクトエッグショックJQとの違いを解説します。

座面の高さ

クルムーヴR129CA
クルムーヴコンパクトJQ
本体重量14.9kg11.5kg
サイズ(後ろ向き時)W430×D720~760×H615~735mmW450×D640~720×H670~765mm
サイズ(前向き時)W430×D650~675×H665~820mmW450×D526×H720~870mm
向いている車天井の低い車天井の高い車
向いている人低身長ママ・パパ高身長ママ・パパ
詳細を見る詳細を見る
クルムーヴR129エッグショックCAとクルムーブコンパクトの座面の高さの違い

クルムーヴR129エッグショックCAは低座面設計。車の天井との距離が確保できるので、空間を広く感じられます。

クルムーヴコンパクトは、奥行きや幅が小さめ・しかし高さはあるチャイルドシートなので、4歳を迎えるよりも早い段階で天井との圧迫感を感じる可能性があります。

低身長ママは、チャイルドシートが低い方が乗せやすいです。

チャイルドシートの座面部分が高いと、その分赤ちゃんを高めに抱っこして乗せなければいけないので、前が見えにくく乗せにくさを感じます

高身長ママなら、逆に低いと腰をかがめる角度が深くなるので、頻繁な乗せ降ろしは腰や背中に負担がかかる可能性があります。

回転レバーとリクライニングレバーの位置

クルムーヴR129CA
クルムーヴコンパクトJQ
リクライニング5段階3段階
特徴ドア側でも
リクライニング可
前向き・後ろ向き時のみ
リクライニング可
回転レバーの位置サポートレッグ上シート内部
リクライニングレバーの位置シート下部シート内部
詳細を見る詳細を見る

クルムーヴR129エッグショックCAは、回転レバーがレッグサポートの上、リクライニングレバーはヘッドサポートの後ろにあります。

クルムーヴコンパクトエッグショックJQは、座面の下部に両方のレバーが見えないように配置されています。

クルムーヴR129エッグショックCA

クルムーヴR129CAは片手でレバーを引き、もう片手で本体を回転させます。

出典:コンビ公式ブランドストア

そのため、赤ちゃんを抱っこした状態でママ一人で回転させるのは難しい作り。

しかし、ドア側に向けた状態で簡易ロックがかかるので、車から降りたときに元に戻さずドア側のままにしておけばOK!

次に乗せるとき、ドアを開ければチャイルドシートが正面にある状態にしておけばOK

もし、ドア側に向けたまま車のドアを閉めて当たってしまうようなら、リクライニングレバーで一番起こした状態にしてからドアを閉めましょう。

クルムーヴコンパクトエッグショックJQ

クルムーヴコンパクトJQは指一本でレバーを押しながら回転させる仕組みで、赤ちゃんを抱っこしたまま操作が可能。

クルムーブコンパクト簡易ロック
出典:コンビ公式ブランドストア

乗せるときに、ベルトがおしり部分に沈みこまない工夫もされているので、もたもたせずに乗せられます

しかし、ドア側に向けている状態でリクライニングきないので、乗せ降ろしの際に角度によっては赤ちゃんの出し入れがしにくいこともあります。

あと、回転レバーとリクライニングレバーが隣同士なのでたまに間違えることもあります

急いでいる時など、レバー部分は見ずに手だけで操作することも増えるので、間違えたときに「イラっと」してしまう人も中にはいます。

ヘッドサポートの高さ調整レバーの位置

クルムーヴR129CA
クルムーヴコンパクトJQ
レバーの位置ヘッドサポート裏本体背面
特徴9段階調節8段階調節
肩ベルト連動型連動型
詳細を見る詳細を見る

私はクルムーヴR129エッグショックCAの方が操作しやすいです

まず、高さを調整するときは、ベルトを緩めるのを忘れないようにしましょう。

緩めていない状態で上に引き上げてしまって「上がらない!壊れている!」と勘違いされる方が多くいますので気を付けてください。

クルムーヴR129エッグショックCA

握って上下に動かせるレバーで操作がしやすいです。

肩ベルトも連動して動くため、面倒な付け替えがなくて高さ調節もスムーズ。

クルムーヴコンパクトエッグショックJQ

本体の背面にあるレバーで動かす作りで、前向きにした時に少し操作しにくいのが難点です。

実際、高さを調節することが多くなるのは、前向きで使用し始めてから。

うまく上下できない場合は、シートを一旦横か後ろに回転させてからレバーを握りやすくして調整する必要があります。

そんなに頻繁に調整する場所ではないですが、私はやりにくいと感じました。

接客の際に、高さ調節の説明をするのに何度も操作するんですが、手が当たって痛かったり、スムーズに動かせずもたもたしたりすることもあります。

幌の作りや大きさ

クルムーヴR129エッグショックCAは、やわらかいメッシュの2枚合わせの簡単な作りの幌です。

クルムーヴコンパクトエッグショックJQは、4枚合わせの大きな幌でカバーする範囲が広いのが特徴。

クルムーヴR129エッグショックCA

スナップ4ヶ所で留める簡単な作りなので、不要になったらすぐ外せます。

触り心地はとてもやわらかいので、もし、乗せ降ろしの時に赤ちゃんに当たっても痛くないので安心です。

幌が必要ないと感じる方はつけ外しの簡単なこちらがおすすめ!

クルムーヴコンパクトエッグショックJQ

4枚合わせの幌は、後ろ側がメッシュでできているので、しっかり広げても通気性が良いのが特徴。

幌の開く範囲も調節できるので、日差しの当たり具合や、赤ちゃんのご機嫌次第でこまめに対応できます。

コネクターハンドルの作り

個人的にはクルムーヴR129エッグショックCAのまっすぐ出すタイプがやりやすかったです

クルムーヴR129エッグショックCAは、つまんでまっすぐ横に出すだけのシンプルな作り。

クルムーヴコンパクトエッグショックJQは、丸い作りで、少し回転させて引き出すんですが、指がつりそうになりました。

片手で回転させて、もう片手でコネクター部分を引っ張ります。

両手で操作することになりますが、車から車への乗せ換えをしない家庭は何度も操作する場所ではないので気にならない方も多いでしょう。

それぞれおすすめな家庭は?

クルムーヴR129CA
クルムーヴコンパクトJQ
価格(税込)58,300円69,300円
重量14.9kg11.5kg
リクライニング角度5段階
ドア側でも
リクライニング可
3段階
前向き・後ろ向き時のみ
リクライニング可
リクライニングレバーの位置シート下部シート内部
回転レバーの位置サポートレッグ上
回転は両手で行う
シート内部
片手で回転可能
高さ調節レバーの位置ヘッドサポート裏
9段階調節
本体背面
8段階調節
肩ベルト連動型連動型
幌の作り通気性の良い2枚幌
やわらかメッシュ
大きく広がる4枚幌
4枚目がメッシュ
本体の高さ後ろ向き:H615~735mm
前向き:H665~820mm
後ろ向き:H670~765mm
前向き:H720~870mm
サイドプロテクションありなし
最大の特徴低座面設計片手で回転
詳細レビュー記事へレビュー記事へ
クルムーヴR129エッグショックCAがおすすめな家庭
  • 天井が低めの車を所有している
  • 低身長ママ・パパ、おじいちゃんおばあちゃんが使用する
  • レバーの位置が見えやすい場所がいいと感じる
  • 幌の取り付け・取り外しが簡単な方がいいと感じる
  • 車から車への乗せ換えがあまりない

低座面設計のクルムーヴR129エッグショックCAは、小柄なママにぴったり。

赤ちゃんを高い位置で抱っこして、自分が背伸びをしながら乗せ降ろしをしなくていいので安全です。

赤ちゃんを前に抱っこして視野が狭くなっているので、楽に乗せ降ろしできる高さがいいですね

クルムーヴコンパクトエッグショックJQがおすすめな家庭
  • 天井が高めの車を所有している
  • 軽自動車に取り付ける予定
  • 高身長ママ・パパ、おじいちゃんおばあちゃんが使用する
  • 片手だけで回転できる部分に魅力を感じる
  • エアコンの風や日差しからしっかり赤ちゃんを守りたいと思っている
  • 車から車への乗せ降ろしがたまにある

奥行きがコンパクトなので、隣に大人が乗っても窮屈さを感じません。

さらに本体の座面が高いので、高身長のママやパパは、乗せ降ろしの際に腰をかがめる角度がゆるやかになるので負担が軽減されます。

最大のポイントは指一本で回転やリクライニングが可能なこと!

赤ちゃんを片手で抱っこしていてもスムーズに回転できるので、よければお店で試してから購入することをおすすめします。

THE S(ザエス)ZEとの違い

クルムーヴR129CA
THE S(ザエス)ZE
価格(税込)58,300円通常モデル:72,900円
プレミアモデル:86,900円
本体重量14.9kg通常モデル:13.8kg
プレミアモデル:13.9kg
座面取外しできないできる
回転両手片手
リクライニング5段階5段階
高さ調節ヘッドサポート裏
9段階調節
ヘッドサポート上
8段階調節
本体サイズ後向き時:W430×D720~760×H615~735mm
前向き時:W430×D650~675×H665~820mm
後向き時:W440×D680~810×H630~740mm
前向き時:W440×D670×H650~825mm
サイドプロテクションありなし
詳細レビュー記事へレビュー記事へ

THES(ザ・エス)は、本体のベースと赤ちゃんを乗せるシート部分が分離するチャイルドシートです。

THE S(ザ・エス)ZEの特徴
  • シート(座面)を外して運べるから寝ている赤ちゃんを起こさずに済む
  • 家の中の広いスペースで赤ちゃんをセッティングしてからお出かけできる
  • シート(座面)が外せるから掃除も簡単、シートカバーの取付け取り外しがラク
  • 車への取付け・取外しがしやすい、車から車への乗せ換えも楽

数多くの赤ちゃんに備わっている背中スイッチという言葉、聞いたことありませんか?

抱っこから布団やベッドに降ろして背中が付いた途端、必ず泣き出す不思議なスイッチ。

このスイッチに悩まされるパパママは後を絶ちません

チャイルドシートから降ろす時も、気持ちよく寝ているのに起こすのはとても心苦しいですよね。

THE S(ザ・エス)ならシートごと外して家に帰れば起こさず済むので、帰宅後の片付けもスムーズです。

購入前に、このシートが外せる仕組みが欲しいかどうかを先に決めるといいですね。

シートを外して赤ちゃんごと運べるのは、赤ちゃんの体重が9kg未満まで。個人差もありますが、1歳前後です。

生まれてからの約1年間、慣れない育児をより快適に過ごしたいという方にはTHE S(ザ・エス)がおすすめ。

アカチャンホンポオンラインショップでは、限定色も購入可能。

→THE S(ザ・エス)ZEに関する記事はこちら

シートを外せる機能が必要ない場合は、クルムーヴR129エッグショックCAかクルムーヴコンパクトがいいですね

THE S(ザ・エス)をおすすめしない家庭
  • 家から駐車場までが遠い
  • シートが家に運べても置くスペースがない
  • 手を繋がないと危険な年齢の子供が複数いる

両手でシートを持って運ぶため、一緒に荷物を持つのは難しい場合があります。

きょうだいがいる場合も、運ぶときは手を繋いであげられないので、年齢によっては言い聞かせが難しいことも。

このような場合は、THE S(ザ・エス)のメリットを十分に発揮できないので、THES(ザ・エス)よりもお手頃価格のクルムーヴR129エッグショックCAがおすすめです。

形が似てる?アップリカクルリラプラスライトとの比較

形の似ているこの2台の違いをお客さまに説明しています。

店頭で2台を並べていると「どう違うの?どっちがいい?」とよく質問されます。それぞれの特徴ごとに解説します。

クルムーヴR129CA
クルリラプラスライト
価格(税込)58,300円57,200円
サイズ後向き時:W430×D720~760×H615~735mm
前向き時:W430×D650~675×H665~820mm
後向き時:W440×D720~780×H535~655mm
前向き時:W440×D660×H610~770mm
本体重量14.9kg14.1kg
回転両手片手
リクライニング5段階
ドア側でもリクライニング可
7段階
前向き・後ろ向き時のみ可
高さ調節ヘッドサポート裏
9段階調節
ヘッドサポート裏
8段階調節
サイドプロテクションありなし
フットステップなしあり
ベルトループなしあり
詳細レビュー記事へレビュー記事へ

スペック

クルムーヴR129CA
クルリラプラスライト
価格(税込)58,300円57,200円
サイズ後向き時:W430×D720~760×H615~735mm
前向き時:W430×D650~675×H665~820mm
後向き時:W440×D720~780×H535~655mm
前向き時:W440×D660×H610~770mm
本体重量14.9kg14.1kg
タイトル詳細を見る詳細を見る

金額も、サイズ感もわずかな違いです。

この後から解説する、回転やリクライニングの方法、クッション性などで決めていくとよいでしょう。

最終的に迷って決められない場合は、車の内装と合うカラーで決定するのも一つの方法です。

回転とリクライニング機能の違い

クルムーヴR129CA
クルリラプラスライト
回転両手片手
リクライニング5段階
ドア側でもリクライニング可
7段階
前向き・後ろ向き時のみ可
タイトル詳細を見る詳細を見る
クルムーヴR129エッグショックCA:回転レバー

クルムーヴR129エッグショックCAは、レッグサポート上に回転レバーがあります。見えやすい位置にあるのが特徴です。

クルリラプラスライト:回転レバー

クルリラプラスライトはシートの下部にレバーがあり、片手で回転することができます。

クルムーヴR129エッグショックCA:リクライニングレバー

クルムーヴR129エッグショックCAのリクライニングレバーは、シート下部。写真のように握って5段階の調整ができます。

ドア側に向けている状態でもリクライニングできるのが特徴です。

クルリラプラスライト:リクライニングレバー

クルリラプラスライトのリクライニングレバーは、数字がついています。一目で何段階目なのがわかるのがうれしい作り。

しかし、インジケーターが1と2のときは回転できないので、その点だけ注意が必要です。

ヘッドサポートの高さ調節と衝撃吸収材

クルムーヴR129CA
クルリラプラスライト
高さ調節ヘッドサポート裏
9段階調節
ヘッドサポート裏
8段階調節
衝撃吸収材エッグショック
高密度ウレタン
マシュマロGキャッチ
使用箇所インナークッション中央が
エッグショック
ヘッドサポート左右は
高密度ウレタン
インナークッション中央
厚さ50mm
ヘッドサポート左右は
厚さ35mm
タイトル詳細を見る詳細を見る

身長が伸びてきたら調整すヘッドサポートの高さですが、2つとも頭部の裏側にレバーがあります。

クルムーヴR129エッグショックCA
アップリカクルリラプラスライトのヘッドレスト
クルリラプラスライト

クルムーヴR129エッグショックCAは9段階、本体の高さは、前向き時でH665~820mm(可動域155mm

クルリラプラスライトは8段階、本体の高さは、前向き時でH610~770mm(可動域160mm)となっています。

可動域の差は5mmと大差はありません

次に衝撃吸収材の質と量の違いです。

クルムーヴR129エッグショックCA:衝撃吸収材

卵を落としても割れない超衝撃吸収素材「エッグショック」は、インナークッションの中央のみ。

ヘッドサポートの左右はエッグショックではなく、高密度ウレタンとなっています。

クルリラプラスライト:衝撃吸収材

アップリカの衝撃吸収材は「マシュマロGキャッチ」というもっちりした素材

インナークッションの中央には厚さ50mm、ヘッドサポートの左右には厚さ35mmのマシュマロGキャッチが入っています。

硬すぎず、柔らかすぎず、もっちりした低反発枕のような触り心地です。

それぞれにしかない機能

クルムーヴR129CA
クルリラプラスライト
サイドプロテクションありなし
フットステップなしあり
ベルトループなしあり
タイトル詳細を見る詳細を見る

それぞれのチャイルドシートにしかない機能を説明します。

サイドプロテクション

両方とも安全基準はR129なので、厳しい基準をクリアしているチャイルドシートです。

側面衝突に耐えられる作りになっていますが、クルリラプラスライトにはサイドプロテクションはありません。

アップリカの上位モデルになると「サイドシールド」という、側面からの衝撃を分散させる仕組みがプラスで付いています。

側面衝突に対して、より手厚いガードが欲しい場合は、クルムーヴR129エッグショックCAを選んでください。

フットステップ

クルリラプラスライトには、子供の足が置けるフットステップがあります。

大きくなって前向きで使用するようになると、足が付いていればバタバタ・ブラブラせずに落ち着くことができます。

ただ、フットステップがある分、幅や長さがあるので、車内が狭い場合は邪魔になる可能性もあります。

ベルトループ

バックルを外したときに、ベルト部分を引っかけておけるベルトループはあると便利な機能です。

乗せるときは、写真のように開いていると乗せやすく、降ろすときも抱き上げやすくなります。

ただ、ベルトをしっかり緩めてから広げれば、クルムーヴでもベルト部分はガバっと開きます

あったらいいけど、なくても平気」な機能の一つ。ベルト部分が落ちてきてイライラするのが嫌だなぁと感じる方は、クルリラプラスライトがいいですね。

どっちがおすすめなの?

クルムーヴR129エッグショックCAがおすすめな家庭
  • 天井の低い車に乗っている
  • 低身長のパパママ、おじいちゃんおばあちゃんが使用する
  • 側面衝突の対策をしっかりしておきたい家庭

クルムーヴR129エッグショックCAは低座面設計のため、低い位置での乗せ降ろしが可能です。

赤ちゃんを乗せる部分の高さは、車のシート本体の高さも影響します。

低身長のパパママ・おじいちゃんおばあちゃんには、座面の低いチャイルドシートが使いやすくておすすめです

さらに、安全対策されている部分がより多いものを選びたい方は、最新のチャイルドシートを選ぶといいでしょう。

悲しいことですが、日々、事故のデータは溜まっていきます。そのデータを基に、メーカーはチャイルドシートを開発します。

昔に販売されたものよりも最新の状況に対応したものが出回るため、値段に惑わされずに重視するポイントを決めて選んでもらいたいと思います。

おすすめできないのは、片手で回転できるものが欲しいご家庭です

赤ちゃんを抱っこした状態で回転させるのが難しいため、他にも手を繋がないと危険な年齢のきょうだいがいる家庭には向いていません。

クルリラプラスライトがおすすめな家庭
  • 車が大きめで車内が広い
  • 片手で回転できるものが希望
  • ママ(大人ひとり)と赤ちゃんだけで車に乗ることが多い

ママ一人だけで赤ちゃんを連れてお出かけすることが多い場合は、抱っこしたまま片手で回転できるので、乗せ降ろしがスムーズです。

リクライニングも、今何段階目なのかも目に見えてわかるので扱いやすいのがポイント。

しかし、フットステップがある分、クルムーヴよりも横幅と奥行きがあります

お出かけのときに大人1人、赤ちゃん1人なら問題ありませんが、隣に人が乗ったり、たくさんの荷物を積む場合は狭く感じることもあります。

車内にゆとりのある大きめな車を持っている方が選ぶと、よりクルリラプラスライトを使い倒せると思います

フットステップは、前向きで使用するようになってから大活躍します。

しっかり歩けて自分で乗り降りできるようになる頃には、フットステップに足をかけて自分で乗りこめる子もたくさん出てきます。

4歳まで使い倒したいと考えているご家庭にもおすすめです。

クルムーヴR129・クルムーヴコンパクト・ザエス・クルリラプラスライトそれぞれの特徴を知り快適なチャイルドシートを選ぼう!

機種価格(税込)重量回転リクライニング高さ調節サイドプロテクション特徴
クルムーヴR129CA
58,300円14.9kg両手5段階
ドア側でも可能
9段階2枚幌
やわらかメッシュ
ありサイドプロテクション
ドア側でのリクライニング
詳細を見る
クルムーヴコンパクトJQ
69,300円11.5kg片手3段階
前向き・後ろ向き時のみ
8段階4枚幌
4枚目がメッシュ
なしコンパクト設計詳細を見る
THE S(ザエス)ZE
通常:72,900円
プレミアム:86,900円
通常:13.8kg
プレミアム:13.9kg
片手3段階
前向き・後ろ向き時のみ
8段階4枚幌
4枚目がメッシュ
(プレミアムは2枚目もメッシュ
)
なし座面が外せる詳細を見る
クルリラプラスライト
57,200円14.1kg片手7段階
前向き・後ろ向き時のみ
8段階3枚幌
3枚目がメッシュ
なしフットステップ
ベルトループ
詳細を見る

2023年12月に発売したCombiクルムーヴR129エッグショックCAを、3機種と比較しました。

クルムーヴR129エッグショックCAの特徴
  • 安全基準R129適合
  • シートが360°回転
  • 5段階リクライニング
  • 新生児から4歳頃まで使用可能
  • 低座面設計で小柄ママも乗せ降ろししやすい

コンビのクルムーヴシリーズは、軽自動車やコンパクトカーにおすすめの省スペース設計が魅力のチャイルドシート。

しかし、クルムーヴR129エッグショックCAは、R129適合であることに加えて、さらに側面衝突に備える作りを重視しています。

サイドプロテクションが装備されているので、プラスアルファの安全性を求める方におすすめです

今回比較したクルムーヴコンパクト・ザエス・クルリラプラスライトには、サイドプロテクションは装備されていません。

もちろん、すべてR129適合なので側面衝突の試験はクリアしています。安心して使用できますが、安全性最優先のご家庭はクルムーヴR129エッグショックCAを選びましょう。

クルムーヴコンパクトエッグショックJQがおすすめな家庭
  • 天井が高めの車を所有している
  • 軽自動車に取り付ける予定
  • 片手だけで回転できるものが欲しい
  • 高身長ママ・パパ、おじいちゃんおばあちゃんが使用する
  • エアコンの風や日差しからしっかり赤ちゃんを守りたいと思っている
  • 車から車への乗せ降ろしがたまにある

奥行きがコンパクトなので、隣に大人が乗っても窮屈に感じません。

きょうだい用のジュニアシートも問題なく設置できます。

家族が多いご家庭にぴったりですね!

THE S(ザ・エス)ZEの特徴
  • シート(座面)を外して運べるから寝ている赤ちゃんを起こさずに済む
  • 家の中の広いスペースで赤ちゃんをセッティングしてからお出かけできる
  • シート(座面)が外せて掃除も簡単、シートカバーの取付け取り外しが楽
  • 車への取付け・取外しがしやすい、車から車への乗せ換えも楽

赤ちゃんには必ず備わっているとも言える、ベッドや床に降ろすと発動する「背中スイッチ」。

置いた途端にパッと目を開けたり、泣き出したりして、ずっと抱っこから解放されないパパママはたくさんいます。

THE S(ザ・エス)なら抱き上げることなく運べるので、背中を刺激しません。

帰宅後の片付けや、ちょっと一息つける時間ができるのがうれしいポイントです。

座面を外せることに魅力を感じる方はTHE S(ザ・エス)を検討してください。

クルリラプラスライトがおすすめな家庭
  • 車が大きめで車内が広い
  • 片手で回転できるものが希望
  • ママ(大人ひとり)と赤ちゃんだけで車に乗ることが多い

クルムーヴR129エッグショックCAと形の似た、アップリカのクルリラプラスライト。

違うメーカー同士を比較してから検討したいご家庭には、ぜひ一緒に検討してもらいたいチャイルドシートです。

大きくなってからを想定した、フットステップがあるのが特徴です

前向きで使用できるのが1歳3か月から。4歳ころまで使用できるので前向きの期間が長くなります。

足を置けるフットステップがあるため、ぶらぶらせずに落ち着いて座っていられて、さらに自分で足をかけて乗り込める子も増えてきます。

あとは、迷って決められないときはデザインやカラーで決定するのも一つの方法です!

コンビのチャイルドシートはブラックやグレーなど、シックな色合い。クルリラプラスライトは明るめです。

車に乗る頻度が高いご家庭は、車内の雰囲気に合わせて最終決定するのもいいですね。

どこを重視するか決めて絞り込んでいきましょう。それでも迷ったらぜひご相談ください。

妊娠・出産・子育てに関するお得な情報のご紹介

妊娠がわかると、本を購入したりインターネットでいろいろ検索したり、不安や疑問が多いのでたくさん情報収集をすると思います。

でも、たくさんの情報を集めすぎて「どれがいいのか結局よくわからない…」と新たに悩みが増えてしまうママも多いのでは?

お店でも「結局よくわからないので教えて下さい」とおっしゃるママさんがたくさんいます。

これから出産準備でなにかと出費がかさむため、無料で利用できる役立つ情報をお伝えします。

Amazonらくらくベビー

Amazonらくらくベビーは、出産・育児グッズのお買い物リストを作れたり、お得な特典を受けられたりする無料のプログラム

対象のマタニティ・ベビー用品を2万円以上購入で、その後のらくらくベビーでのお買い物が最大1万円OFF(プライム会員以外は最大5,000円OFF)となる「らくべビ割引」も使えます。

ベビーカーやチャイルドシート、おむつやミルクなど、必ず必要だけど大きくて重いものはAmazonでお得に購入して自宅まで運んでもらいましょう!

出産準備お試しBoxのもらいかた
  • Step1
    らくらくベビーにお子さまの出産予定・誕生日を登録
  • Step2
    Amazonプライム会員に登録する(既に会員の方は不要)
  • Step3
    出産準備チェックリストから30個の商品をらくらくベビーに追加する
  • Step4
    マイベビーリストから700円以上の商品を購入する

普段からAmazonを利用している方なら登録しない手はありません!

赤ちゃんが産まれると、本当に日々の買い物は大変になります。荷物も置く、ご機嫌に左右されるため思うように買い物が進まないことがほとんど。

だったらお家でまったり過ごしながら必要なものが自宅に届く方が、パパママも赤ちゃんも時間と気持ちに余裕が産まれます。

登録者限定セール(最大20%OFFなど)があり、セールをうまく組み合わせればオムツなどが初回最大35%OFFになることも!

3歳頃までオムツは手放せないアイテムです。なるべく安く抑えたいけど絶対に必要で枚数も節約できるものではありません。

こうしてお得になるプログラムを知っていると、日々の生活満足度がぐんっと上がります♪

Amazonらくらくベビー

ゼクシィベビー

妊娠・出産・育児全般に関する情報が欲しい!という方、たくさんいらっしゃると思います。

ホットペッパー・ホットペッパービューティー・じゃらん・ゼクシィなどで有名な㈱リクルートさんが、『ゼクシィbaby』という情報誌を発行しています。みなさん、ご存じでしたか?

  • 妊婦のための本
  • 赤ちゃんが生まれたら読む本

2種類が用意されています。写真でもわかる本の厚み!たくさんの情報がギュッと詰まっているのに、無料で自宅まで届けてくれます。

ママさん
ママさん

えっ、無料なの?

そうです!無料です!本屋さんでも買う本を迷ってしまう方こそ、まずはゼクシィbabyを読んでみて下さい!

妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を隔月で発刊し、会員の妊婦さんのご自宅まで無料でお届け!

コメント

タイトルとURLをコピーしました